好きなものだけ詰め込んで、
好きなところへ
- Gadget Camera Camp Leather -

深大寺の隅に隠れた実力店「松葉茶屋」で十割蕎麦を食らう

      2021/05/29

DSCF2126_Original

閑静で自然豊かな土地と共に、風情ある蕎麦屋がひしめき合う深大寺。
週末ともなれば、店の中から蕎麦を打つ音がそこかしこと聞こえてくる。

都会の喧騒から逃れるため、私はほぼ毎週末、深大寺へ散策へ行き、深大寺そば&天ぷら&ビールを飲んでさらっと帰ってくる生活を続けている。

初めて深大寺へ赴く人には、なにやらお店の種類が多すぎて選べないこともあるかと思う。そこで、実際に店舗で飲み食いしてきた生の声を、連載としてブログにて書いていこうと思うので、店選びの参考になれば幸いです。

  1. 深大寺そば巡り
  2. そば処湧水
  3. 玉乃屋
  4. 雀のお宿
  5. そばごちそう門前
  6. 青木屋
  7. 一休庵
  8. 深水庵
  9. 深山茶屋
  10. 曼珠苑
  11. きよし
  12. 八起
  13. 松葉茶屋
  14. 多聞
  15. 大師茶屋
  16. 深大寺門前そば本舗
  17. 玉喜
  18. 矢田部茶屋
  19. 一福茶屋
  20. 元祖嶋田家
  21. 水神苑(来訪時期未定)

第12回目の今回は、深大寺の外れにひっそりとたたずむ「松葉茶屋」でお蕎麦をいただいてきました。神代植物公園の入り口に近いということもあり、植物園で歩き疲れて出てくると、なんとはなしに寄りたくなるお店です。

基本情報

星は主観です。そして深大寺そば屋はどこもいつも混んでいる。

  • 駐車場:なし
  • 混み具合:★★★⭐︎⭐︎
  • 美味しさ:★★★★⭐︎
  • 雰囲気:★★★★⭐︎

基本セットの価格

天ざる蕎麦を注文し、天ぷらをつまみに深大寺ビールや生ビールを楽しみつつ、ざる蕎麦でお腹を満たすのが楽しみです。
基本的にこの連載では、このセットの価格を記載しています。

  • 天ざる:1,840円
  • 深大寺ビール:550円
  • 計:2,390円

IMG_1511

IMG_1512

天ざるとビールを頼んでこの価格は、深大寺そば屋のなかでも割と高めです。ただ、値段が高いということはその分こだわって色々作っているということ。期待して到着を待ちましょう。

お蕎麦を実食

5Q5A8669

小高く盛られたお蕎麦と、しっかりと衣が乗った天ぷらが到着しました。わりとしっかりした量があるので、お腹が空いているときには良いですね。

5Q5A8670

お蕎麦は、少し緑がかった綺麗な色です。食べてみると、非常にコリコリとした食感と共に、そばの香り高い匂いが鼻を抜けていきます。海苔などもなく、蕎麦単品でこれだけの完成度のものを出してくるのはなかなか嬉しい。

5Q5A8671

天ぷらも揚げたてでとてもおいしいです。若干オレンジがかった色の衣に包まれており、食べてみると、ザクザクという音と共に、中身の旨味が口の中に広がります。具材も野菜から魚や海老まで様々な種類のものがあるので、飽きが来ないのもグッド。

まとめ

ということで、第12回目は松葉茶屋でした。茶屋という店名なので、あまりそばに期待をしていなかったのですが、非常に美味しかったです。
また、ワンチャンを連れてのお客さんも多かったので、お散歩がてらよるのも良いかもしれませんね。

前回→八起
次回→多聞