好きなものだけ詰め込んで、
好きなところへ
- Gadget Camera Camp Leather -

「 レンズ 」 一覧

CANONとFUJIFILMとTAMRONの手の届く望遠レンズ(100mm-400mm程度)比較

FUJIFILMとCanonでメインで使用するマウントを決めかねています。 今回は、手に届く価格の望遠レンズで比較。 一個望遠レンズを持って...

K&F ConceptのM42→FUJIFILM(XF)へ変換するマウントアダプター でオールドレンズを使う

さて、諸事情あり、更新が滞っていた。 書きたいことが溜まると、書き終わった時の達成感よりも、書かなくてはいけないという義務感が勝ってしまうの...

RF50mm F1.8 STMをかっこよくするために、サードパーティ製のレンズフード「JJC ES-65B」を取り付ける

RFマウント最安レンズが一人、RF50mm F1.8 STM。 撒き餌レンズです。 安いのに、それなりにしっかり写って、単焦点っぽさを楽しめ...

XF35mm F1.4 Rこそが、本物の神レンズ。FUJIFILMのカメラを手に入れたら、とりあえず買っとくべし

山の数ほどあるレンズ。その中で、「神」の名を関するレンズはいくつあるのだろうか。 FUJIFILMにおいても、神レンズと呼ばれるレンズは、い...

FUJIFILMのXF23mmF2 R WRはかっこいいけど写りがイマイチであまり好きでは無い

お金がたくさんあれば、レンズを無尽蔵に買って、色々楽しめるのに。。。 そう思って半年、なんとなーく手に届きそうな価格のレンズをちびちび買った...

1.3万円の激安マクロレンズ「TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C」を買ってみたのレビューしたい

マクロレンズといふものを、使ってみたくて三千里。 激安レンズを作っている、銘匠光学TTArtisanから、これまた激安のマクロレンズが発売さ...

EOS Rシリーズの撒き餌レンズRF50mm F1.8 STMを今更ながら、雰囲気だけ伝えるレビューする

今現在、RFマウントに圧倒的に不足しているのは、手頃なレンズ。 10万、20万を超える、バッチリ写るレンズはかなり揃ってきているのですが、如...

EOS Rシリーズの鉄板レンズ、RF24-105mm F4 L IS USMの雰囲気レビュー

手頃かつ、そこそこの写りで、手の届くLレンズ。 RFレンズ最初のレンズであり、皆が手にする至高のモノ。 それが、RF24-105mm F4 ...

手の届く、安めのCANONのRFレンズと、FUJIFILMのXFレンズラインナップの比較

CANONと、FUJIFILMのカメラを使っています。 CANONはEOS R、FUJIFILMはX-Pro3です。両者ともに非常に好きなカ...

激安なのに、エモい写り!七工匠 7artisans 25FXB 25mm F1.8を買ってみた(FUJIFILM)

最近は、FUJIFILMのカメラをよく使っています。使っているカメラは、X-E3と、X-Pro3。両者とも、小さくコンパクトで、持ち運びがし...

FUJIFILMが誇る神レンズ「XF35mmF1.4 R」と「XF18mmF2 R」で死ぬほど迷った

先日、2台目のカメラとして、FUJIFILMのX-E3を購入しました。 街ブラ用カメラとして購入したX-E3に対して合わせる最初のレンズを、...

スマホのカメラをワンタッチで広角レンズ化!超便利なQtop広角レンズクリップ

  スマホカメラって便利ですよね。デジカメや一眼はそれはまた別でいいものですが、すぐにポケットから出してカシャっとやれる爽快感はスマホでしか...