好きなものだけ詰め込んで、
好きなところへ
- Gadget Camera Camp Leather -

買うならどっち?XF23mm F2 R WRとNOKTON 23mm F1.2 Asphericalを比較

   

先日、NOKTON 23mm F1.2 Asphericalという単焦点レンズを買いました。

23mmという焦点距離でいうと、FUJIFILMの純正レンズでは、XF23mm F2 R WRとXF23mmF1.4 R LM WRという2つのレンズが存在しています。

今回はそのうち、コンパクトさで競合となるXF23mm F2 R WRと、NOKTON 23mm F1.2 Asphericalを比較した結果について書いておこうと思います。

コンパクトさでXF23mm F2 R WRに絞った理由は、XーPro3での使用を想定しているからです。
XF23mmF1.4 R LM WRはデカすぎてOVFでの使用感が微妙です。

FUJIFILMのXF23mmF2 R WRはかっこいいけど写りがイマイチであまり好きでは無い   GarretCafe

お金がたくさんあれば、レンズを無尽蔵に買って、色々楽しめるのに。。。 そう思って半年、なんとなーく手に届きそうな価格のレンズをちびちび買ったりしています。 今回は、そんな感じの雰囲気で購入に至った、F ...

触って楽しい重厚感!コシナ フォクトレンダー NOKTON 23mm F1.2 AsphericalがFUJIFILMのX-Pro3にピッタリだった   GarretCafe

コシナ フォクトレンダーから既に発売中のNOKTON 35mm F1.2 X-mountの二の矢として、NOKTON 23mm F1.2 Asphericalがついに発売されました。 いろいろな事情か ...

この記事を書いている人
ー ひょさか ー
このサイトを運営してそろそろ10年。
生まれた瞬間からMacユーザー。
キャンプ歴も多分20年くらい。
カメラは初めて1年でフォトコンテスト2件入賞。
本職は機構系の設計者。

結論

基本的には、NOKTON 23mm F1.2 Asphericalを買うのをおすすめします。

理由としては、

  • 圧倒的にNOKTON 23mm F1.2 Asphericalの方が、画質が良い
  • モノとしての質感もNOKTON 23mm F1.2 Asphericalの方が良い
  • コンパクトさはどっちもどっち

の3点です。

価格はNOKTON 23mm F1.2 Asphericalの方が高いので、まぁそうだろうという感じですが、価格の差を考慮しても、NOKTON 23mm F1.2 Asphericalの方を買うのをオススメします。

仕様の比較

NOKTON 23mm F1.2 AsphericalとXF23mm F2 R WRの仕様を比較していきます。

念のため、XF23mmF1.4 R LM WRも添えておきます。

NOKTON 23mm F1.2 Aspherical XF23mm F2 R WR XF23mmF1.4 R LM WR
焦点距離 23mm 23mm 23mm
開放絞り 1.2 2 1.4
最小絞り 16 16 16
最短撮影距離 0.18m 0.22m 0.19m
外形サイズ ø59.3×43.8mm ø60.0mmx51.9mm ø67mm×77.8mm
重量 214g 180g 375g
絞り羽枚数 12 9 9
AF有無 MF AF AF
防水 無し 有り 有り
価格 ¥75,800 ¥45,800 ¥103,977

こうして見てみると、コンパクトさが売りのXF23mm F2 R WRと、写りと明るさが売りのXF23mmF1.4 R LM WRのいいところを合わさった素晴らしいレンズであることがわかるような気がします。

コンパクトさはXF23mm F2 R WRレベルで、明るさはXF23mmF1.4 R LM WRよりも明るいのに、価格はXF23mmF1.4 R LM WRよりも安い。

これはもうMFレンズの特権ですね。

XF23mm F2 R WRとNOKTON 23mm F1.2 Asphericalの外観の比較

コンパクトさが売りの両レンズの外観を比較してみましょう。

レンズフィルターと保護キャップがついた状態での比較です。

比較すると、NOKTON 23mm F1.2 Asphericalの小ささが際立ちます。
この小ささで、NOKTON 23mm F1.2 Asphericalの方が30gほど重いので、手に持ってみると、「レンズ詰まっている感」をしっかりと感じられます。

こちらはレンズフードをつけた状態での比較。

XF23mm F2 R WRはレンズフードが外バメ方式なので、レンズフィルターがレンズフードの中に内蔵されます。

対して、NOKTON 23mm F1.2 Asphericalはレンズフィルターのネジにフードを嵌める必要があるので、高さが伸びます。
あとちょっとダサいので、ここは頑張ってレンズフード外バメにして欲しかった。

ということで、レンズフードをつけて使う場合は、高さにほとんど差はありません。

径のサイズは、0.7mmしか違わないので、実使用上は、ほぼ一緒と考えて良いです。
(もちろん、小さいのは偉いですけどね)

写りの比較

同じものを撮った写真が無いので、用意できたら追記しておきます。

撮った感じでは、NOKTON 23mm F1.2 Asphericalの方が圧倒的に気持ちが良い写真が撮れます。後から見返してすぐにNOKTON 23mm F1.2 Asphericalで撮ったな、とわかるほど良いです。

一方で、XF23mmF2 R WRの写りは、個人的にあまり好きでない。
なんかぼんやりしているし、見辛い。
せっかく単焦点を使っているのに、ひょっとしたらズームの方が良い写りなんじゃ?という思っちゃレベルで、撮っていて悲しくなる。

悩んだら、NOKTON 23mm F1.2 Asphericalを買うべし

まとめです。

説明を読んでいてお気づきかもしれませんが、圧倒的にNOKTON 23mm F1.2 Asphericalがおすすめです。

防水が絶対に必要、AFじゃなきゃ嫌だという人は、XF23mmF2 R WRでもいいかもしれませんが、その場合でも、一歩踏み込んでXF23mmF1.4 R LM WRを買った方が幸せになるような気がします。
(でかいんだけどね。。。)

ということで、悩んでいる方には、NOKTON 23mm F1.2 Asphericalに一票を入れておきます。