GarretCafe

- Gadget Camera Camp Leather -

こんなご時世こそ、自分の考えを書いてみよう

EOS Rシリーズの鉄板レンズ、RF24-105mm F4 L IS USMの雰囲気レビュー

      2021/10/10

5Q5A2865

手頃かつ、そこそこの写りで、手の届くLレンズ。
RFレンズ最初のレンズであり、皆が手にする至高のモノ。

それが、RF24-105mm F4 L IS USMです。

2年使ったので、レビューとまではいきませんが、こんな感じのレンズだよ、というのをお伝えします。雰囲気だけ。
Canon 中望遠ズームレンズ RF24-105mm F4L IS USM EOSR対応 全長107.3mm ブラック RF24-10540LIS

幅広い便利ズームでAFも爆速、手ぶれ補正も完璧

なんでもこいといったところ。

5Q5A2862

このレンズを一本持っていけば、「あーあのレンズもってくればよかったぁ...」という後悔は消える。なんていったって、24−105mmですから。
EOS Rシリーズの機能の、APS-Cクロップを使えば、150mmまではいける。

5Q5A2865

24mmはじまりの便利ズームは、下記3点あり、どれも悩みがちです。

  • RF24-105mm F4 L IS USM
  • RF24-240mm F4-6.3 IS USM
  • RF24-105mm F4-7.1 IS STM

便利さで言えば、RF24-240mmは、望遠側がかなり広いので、これ一本で色々できて良さそうです。
ただ、フォーカルリングと、コントロールリングが一体になっているので、ちょっと使いづらい。

対してRF24-105mm F4 L IS USMは、それぞれのリングがちゃんと別れているので、操作性はばっちり。
あと、RF24-105mm F4 L IS USMは、Lレンズなので、先端に赤鉢巻がついていて、かっちょいい。

F4固定で使いやすいということもあって、RF24-105mm F4 L IS USMはかなりの神レンズ。

5Q5A2866

伸びるとこんな感じ。

歩いていて勝手に伸びていっちゃうこともなく、使いやすい。

あと、防水なのも好き。

EOS Rとくっつけるとこんな感じ

DSCF5772

RFマウントに、「RF24-105mm F4 L IS USM」と、「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」しかなかったときに、死ぬほど見た組み合わせ。

上記2つのレンズがあれば、ほぼなんでも写真が撮れるので、かなり素晴らしい組み合わせ。
CANONもこれを最初に出していたこともあり、お墨付きといっても良いのではないのでしょうか。

RF24-105mm F4 L IS USMの作例

先日のお散歩で撮った写真を載っけておきます。

若干RAWで調整しているの2枚と、大幅に加工してある1枚。

5Q5A2434

ほぼ撮って出しに近いRAW現像。

5Q5A2393

少し色を入れたRAW現像。

5Q5A2727

色入れまくったRAW現像。

ズームだけど、キレいなボケ方するレンズですよね。

RF24-105mm F4 L IS USMを2年使ってのまとめ

とりあえず、EOS Rシリーズユーザーは買いのレンズだと思います。

初期の販売額よりも、3年経った今の方が値上がりしているレンズなので、その人気がこのレンズの素晴らしさを物語っています。

優等生すぎてつまらんという声も聞こえてくるほど優等生。

持っておいて損はない。