好きなものだけ詰め込んで、
好きなところへ
- Gadget Camera Camp Leather -

XF35mm F1.4 Rこそが、本物の神レンズ。FUJIFILMのカメラを手に入れたら、とりあえず買っとくべし

   

5Q5A3024

山の数ほどあるレンズ。その中で、「神」の名を関するレンズはいくつあるのだろうか。

FUJIFILMにおいても、神レンズと呼ばれるレンズは、いくつかある。
自分が気に入ったレンズを、神レンズと呼称するから、神レンズは、何種類も存在してしまう。

色々な理由で神レンズに推薦される。使い勝手が良いから、写りが良いから、カッコ良いから。

しかし、「神」はそんなに安売りしてはいけない
何をおいても、そのレンズで撮りたくなる凄み。
誰もが畏怖を感じる唯一のレンズこそが、唯一神レンズ(ゆいいつしんれんず?)

みんなが挙げる神レンズ群の中から、ほぼ絶対に抜けることの無い、神の中の神レンズが、FUJIFILMにおいては存在する
誰もが認める神レンズ、その名は「XF35mm F1.4 R

Xシリーズ最初のレンズにして、唯一の神の名を勝ち取るもの。

昨年、X-E3とX-Pro3を買うのと同時に、神に一年ほど使えさせてもらったので、僭越ながら、おレビューを、おさせていただく。
FUJIFILM 単焦点標準レンズ XF35mmF1.4 R

おスペック

頭が下がる思いで、スペックを簡単に紹介させていただく。

ポイントは3つ。

  • 焦点距離は35mmで、フルサイズ換算でほぼ50mm
  • F値は1.4
  • わりと小さくて、思ったより軽い

詳細は、FUJIFILMのサイトより引用の下記を参照してください。

スクリーンショット 2021 10 16 0 20 36
via 主な仕様 | フジノンレンズ XF35mmF1.4 R | Lenses | 富士フイルム Xシリーズ & GFX

外観は後光が差すレベルでカッコ良い

5Q5A3026

カッコ良いんです。X-Pro3にくっつけると、なおさらカッコ良いんです。もう、止まれない。

レンズフードもカッコ良し。止まらない。

大きはさ、小さくは無いけれど、最近の大型化しているレンズなどに比べると、かなり小さい。そして、軽い。
金属筐体なのに、軽いから、なんか不安になる。
浮いているのかな?

5Q5A3028

FUJIFILMのレンズは、Rが型番に付いていれば、絞りリングがついています。こちらのレンズも、例に漏れず、付いています。
かなり使う。これが無いと、FUJIFILMって感じしない。

強いて言えば、もうちょっと絞りのクリック感が硬くても良い。
あぁ申し訳ない。欲深いことを言ってしまった。

神の眼を通して視る、実写作例

神の眼を通して視る風景がどんなものであるか、確認いただきたい。神の眼であっても、使役させていただく私がゴミであれば、それ相応の写真しか撮れないのは周知かと思う。
ご了承いただきたい。

C2E3F41D 87F0 47DE 968A 886726EB5E7B 3411 000002C5069B881C↑JPEG撮って出し。

最初は、神っぽさを感じ無くも無い、瓢箪の写真。

ピントが合っている場所はバシッと写り、ボケているところは綺麗にボケている。この絶妙な感覚が、「神」たる所以。
素晴らしい。

257FCB54 040F 45A6 86A4 4F649D03BC9D 31830 00001024807483FB↑JPEG撮って出し。

ACROSで撮って出し。
ただの落ち葉も、神を媒介すれば、神々しくなる。
よくわかる。

6552B7DC 5C06 4F4D 9BE9 BB97CB257048 942 000000683614A911↑JPEG撮って出し。

近づいても、よく撮れる。

ただの草が、神々しくなる。たまらない。

DSCF5892↑RAW現像 加工あり

逆光も全然いける。

草の透き通った感じが、絶妙に表現できている。心眼で透視しているようだ。

DSCF1749 Original↑JPEG撮って出し。

神々しすぎて、隅で寝ていた猫も、臨戦態勢に入る。

F539D43E 69EB 443B 86F5 C685EAC9D20E 594 0000006F9959B4DB↑JPEG撮って出し。

ただの間接照明すら、神社仏閣に聳える灯籠のごとし。
ビシッと写り。綺麗にボケていく。

すばらひぃ。

本当の神レンズは、唯一、XF35mm F1.4 Rのみ

わかっていただけただろうか。本レンズ、XF35mm F1.4 Rこそが、唯一の神レンズであるということが。
※筆者談

いくつもの、神風レンズこそあれど、ここまでの神レンズは、なかなか無い。

このレンズで風景を撮ることに意味があり、積極的にカメラにつけて写真を撮りたくなるレンズは、このレンズだけ

来月、XF33mmというほぼ後継のようなレンズが新しく出るが、XF35mmの畏怖が凄すぎて、生み出し親のFUJIFILMですら消し去れなかったレンズだ。

正直、このレンズを使いたいがために、FUJIFILMを使っているところがあるので、これからも大切にしていきたい。

これを読んでいるあなたも、XF35mm F1.4 R信奉者になるべきでは?

AFが遅い?神の前では、口を謹んでください。