GarretCafe

こんなご時世こそ、自分の考えを書いてみよう

【FUJIFILM】2台目のX-Pro3を買ってしまった人の末路

      2021/01/29

5Q5A0423

今回は特にためにもならない雑談です。

X-E4発売されましたね。出るという噂はあったので、手持ちのX-E3を手放して、購入の軍資金に当てようとしましたが、なんだか愛着があって手放せず、今回のX-E4は見送りにすることにしました。
まぁ変わったところチルト液晶くらいだし、別に良いよね。基本的にはX-Pro3で事足りているし。

ということで、そう。X-Pro3の話です。

【X-Pro3】1台目の購入から2ヶ月で2台目のFUJIFILMカメラを買ってしまった人の末路という記事を昨年書きましたが、その後、なんとX-Pro3の2台目を買ってしまいました。常軌を逸している。
レンズ2個しかないのに、FUJIFILMボディを3つ持っていて、そのうち2つは同じ機種で同じ色という謎。X-S10とかにすればいいのにX-Pro3を購入。うーん。

なんで買ったの?と聞かれると答えに悩みますが、なんかカッコ良いし、もう一個あっても良いかなって。
でも実は、手元に届いてからふと我に帰り、「なんで2台も買っちゃったんだ!?」となったので、いずれ1個手放すかもしれません。あまりにも不毛。こんな洒落乙カメラを作ってしまうFUJIFILMには困ったものです。

というか最近気がついたのですが、カメラブログ書いている人のFUJIFILM率高くない気がしません?かっこいいし、オサレな絵が簡単に撮れるので、ブログで使いたくなるのも肯けます。これからも、どんどんユーザーが増えていくことになるんでしょうね。

個人的な懸念点としては、FUJIFILMのカメラで撮った写真は、色が特徴的なので、ぱっと見てすぐにFUJIFILMで撮ったということがわかるのに加え、センサーがどの機種も同じことで、ほぼ全部の機種で同じような絵が撮れるFUJIFILMは、ユーザーが増えてネット上にアップロードされるFUJIFILM製写真が増えてくると、あっという間に飽和(陳腐?)なイメージを持つことになりそうということです。
みんなFUJIFILM使って、みんなそれっぽい写真を量産して、いつの間にかFUJIFILMを使わないことが良いみたいな風潮、恐怖じゃないですか?

ということで、将来を見据えて、使用頻度が落ちたEOS Rを今でもメインカメラという立ち位置に据え、FUJIFILMをサブカメにするという構成を維持して、きたるFUJIFILMの大流行に備えようと思っているところです。
このご時世でもFUJIFILM好調らしいしね。

本当は、X-E3とEOS Rを売り払ってX-Pro3に一本化(X-Pro3の2個使い)したいのだけれども、天邪鬼な私は、将来の流行りに飲み込まれるのが怖くて、それができないというお話でした。