GarretCafe

こんなご時世こそ、自分の考えを書いてみよう

analogicoのブルー(青)の革のサコッシュを買った後のエイジング

      2021/05/31

F4C44003-FDF2-44B0-86A5-1F6CEEF85423-407-00000028249C1BB8

2~3年前の話です。

GANZOのサコッシュを買った後に、比較用にもう一個サコッシュが欲しくなってしまって買った、analogicoのサコッシュについて書きます。
GANZO(ガンゾ) 新作のSACCHETTO3(サケット3) サコッシュのレビューとエイジング | GarretCafe

GANZOのサコッシュは、どちらかといえば、マットな感じに革感を少し消してあって都会的。対してanalogicoのサコッシュは、革感満載でゴリゴリエイジングが進むタイプのサコッシュです。

染料で染めた青色の革が、どのようにエイジングが進むか、という目線で見ていただけたらと思います。

購入当時のサコッシュ

買った当時はiPhoneで写真を撮っていたので、後述するエイジングの写真とは雰囲気が異なっているかもしれないので、悪しからず。エイジングverはミラーレスで撮っています。
旅行に最適!EOS RなどのPD対応端末の充電にはAnker PowerCore III Fusion 5000が超絶おすすめ | GarretCafe

IMG_6139

当時の限定色で買ったブルーの色です。

IMG_6140

塗装ではないので、中まで青い。

IMG_6141

analogicoの刻印もあります。

2~3年後のエイジング

こんな感じになりました。

ほとんど触らないでエイジングをさせたので、太陽光だけで色が変わったようなものです。

5Q5A0511

青!という感じの色から、紺っぽい色に変わっていきました。

5Q5A0513

とても深い紺で、とても好きな色になりました。

まとめ

革って、エイジングしていくのを見るのって楽しいですよね。

革を触りまくって革表面の質感が変わっていくのを見るのも楽しいですが、触らずに表面の色のみ変わっていくのを見るのも楽しいものです。

他にも革製品に関する記事も書いているのがあるので、気になる人は読んでみてください。全体的に古い記事ですが。。。

下記は、使っているanalogicoの他の革製品です。

今回の記事と同様にエイジングを載せているので、良ければ見ていってください。