好きなものだけ詰め込んで、
好きなところへ
- Gadget Camera Camp Leather -

「探す」アプリのおかげで、電車にiPadを忘れても、見つかった件

      2022/07/24

Findmy

先日、愛用しているiPad Proを、電車の中に忘れて紛失しました。

Apple製品にデフォルトで入っている、「探す」アプリのおかげで、ちゃんと見つけることができたので、アプリを入れておいてよかったよ、という話を書いておきます。

ついに、M1のiPad Proを購入した!ヌルサク軽すぎて新時代を感じる | GarretCafe

先日、iPad Proを買うべきか、iPad Airを買うべきか、次のiPad miniを待つべきか、という検討を実施し、その結果、今すぐにiPad Proを購入するのが、長く使えて一番コスパが良いと ...

この記事を書いている人
ー ひょさか ー
このサイトを運営してそろそろ10年。
生まれた瞬間からMacユーザー。
キャンプ歴も多分20年くらい。
カメラは初めて1年でフォトコンテスト2件入賞。
本職は機構系の設計者。

特急電車で、うたた寝していたら、iPadを置き忘れた

20220621 Q5A6011

ある出張の帰り、iPadにAirPodsを繋ぎ、ニュースを見ながら特急電車に乗っていたところ、眠くなり、うとうとしていた。
そんな折、いつの間にか、目的の駅に着いていました。

扉が閉まると、次の駅まで行ってしまい、余計な特急価格と、下手したら終電を逃してしまうということで、鈍行へ乗り換えるために、急いで降りた。

この時、iPadに繋がっているAirPodsから、ニュースの音は流れ続けている。
しかし、よくよく考えると、荷物の重さはなぜか軽く、持っているはずのiPadが手元にない。

電車のドアが閉まるベルは鳴っている、特急に様子を確認しに戻ると、終電を逃す。
「でも、ニュースは流れ続けているし、バッグに入っているはず」無理矢理にでもそう思い込み、バッグの中を探し続けた。

しかし、特急が動き始めると、それも虚しく、AirPodsからブツっとという音がして、ニュースの音が断絶した。
彼は、電車に乗って行ってしまったのだ。

iPad Pro、Apple Pencil、Magic Keyboardと、iPadに必要なフル装備がくっついているので、一式がなくなると、20万円くらいの金額を失ったも同然。
なんとしても見つけたい。

画期的すぎる入力装置『Apple Pencil』は、iPadを買ったら絶対に購入すべき | GarretCafe

先日、iPad Proを購入しました。特定の作業に使うために買ったとかではないので、iPad Proでできることを今は模索している最中です。その時間が、とても贅沢で楽しい。 ついに、M1のiPad P ...

iPad 用のMagic Keyboardを買うかどうかで、超迷ったけど、買ってしまった理由 | GarretCafe

まずもって、高すぎるんだよね。Magic Keyboard。これ買うなら、初めからノートPC買った方が良いでしょ。 3万5千円ですよ!? カートに入れて、発注したものの、やっぱりいらないとなって、はや ...

iPad探しの旅

ということで、iPad探しの旅が始まった。

IMG 5136

「探す」アプリを使うと、どうやら、新宿に向かってしまったようだった。
見ればわかる、ここにいる感。

急いで近場の駅員さんに相談すると、明日、遺失物センターへ電話してくれとのこと。

ここで、「新宿にあるんです」とアプリを見ていただくと、「なるほど」といった感じで、現地の人に電話してくれ、その場で現地の方が無事に回収。

とりあえず、保管されたとのことで、その日は一応、枕を高くして寝ることができた。

無事に、手元に戻ってきた

本来なら、見つかって遺失物のサーバーに登録され、自分の手元に届くまで、早くても2日くらいはかかるところ、「探す」アプリのおかげで、12時間で自分の手元に帰ってくる運びとなった。

「探す」アプリ、今ままで電池を食うだけの金食い虫と思っていたけれど、ここまで活躍する日が来るとは。ありがたい。
どこにあるかがわかるだけで、こんなに安心するなんて。

ちなみに、別の端末から、紛失モードに設定し、ロック画面にメッセージを表示することもできる。
「XXXの電話番号に連絡してください。など」

個人的に、紛失なんて滅多にないことだけど、あると便利。安心。まさに保険。

とりあえず、今後も、アンインストールすることなく、オンにしたまま、Apple製品達を見守ってもらおう。

iPhoneだけでなく、iPad、MacBook、AirPods、AirTag等、Apple製品ならなんでも見つけられる。

まとめ

iPad Pro一式を、電車の中に忘れて、iPhoneから「探す」アプリを使って、見つけるまでの時間を短縮することができました。
どこにiPadがある、ということが、逐次わかるので、無くした時の不安を払拭するのにも、非常に有用でした。

記事の趣旨からそれますが、今回得られた気づきとしては、「iPadが、人生に欠かせないものとなっている」ということです。
思った以上に依存していました。iPadがない半日、家の中で何もすることがなかった。

ブラウジングも、マンガも、ニュースも、YouTubeも、ブログ書くのも、写真編集も、何もかもiPad Proを使ってやっている。
iPad Proの上に自分の生活が成り立っている。

これだけ素晴らしい端末は、現世にはそうそうない。
持っていない皆様、おすすめです。