好きなものだけ詰め込んで、
好きなところへ
- Gadget Camera Camp Leather -

半年越しにやっと実装された、ユニバーサルコントロールがすっごい便利

      2022/03/17

94DC4A74 AF59 4D9B B1AE EA08052B090B

こんなにユニバーサルコントロールを待ってたのって、僕だけなんじゃないか。

昨年の6月のWWDCにて、ユニバーサルコントロールが発表されて、本来であれば、10月実装とのことでした。

しかし、遅れに遅れ、ようやく、昨日解禁になりました。

そんな経緯もあり、ユニバーサルコントロールへの渇望度合いはすごかった。

まず、Side Carとかを使いたくて、昨年の3月にMacBookを買い替えています。
その後、昨年6月のWWDCの時に、10月からユニバーサルコントロールが使えるっていうんで、思い切って、iPad miniからM1のiPad Proにも買い替えたりもした。

あれもこれも全部ユニバーサルコントロールのためだったのだ。

そんなユニバーサルコントロールがやっと使えて、非常に嬉しいぞ。
(まだベータだけど)

M1のMacBook Airを購入したので、2012年製のMacBook Proと比較してみる | GarretCafe

Appleの第一弾AppleSillicone製CPUを使ったMacBook Airを買いました。 先日、買おうか迷っていた話をしていた通り、今持っているMacBook Pro(Late2012)が、 ...

実は一番嬉しいかも!?WWDCでひっそり公開された、macOS Montereyでショートカットが使えるアップデートが良い | GarretCafe

本日の朝ごろ、WWDCにて、今後のAppleソフトウェアの展望が示されました。 大きなところで言えば、iPadOSの大幅な進化、FaceTimeの高機能化、macOSでのユニバーサルコントロールでしょ ...

ついに、M1のiPad Proを購入した!ヌルサク軽すぎて新時代を感じる | GarretCafe

先日、iPad Proを買うべきか、iPad Airを買うべきか、次のiPad miniを待つべきか、という検討を実施し、その結果、今すぐにiPad Proを購入するのが、長く使えて一番コスパが良いと ...

この記事を書いている人
ー ひょさか ー
このサイトを運営してそろそろ10年。
生まれた瞬間からMacユーザー。
キャンプ歴も多分20年くらい。
カメラは初めて1年でフォトコンテスト2件入賞。
本職は機構系の設計者。

ユニバーサルコントロールとは

スクリーンショット 2022 03 16 19 08 13

Macの横に iPadを置くと、自動で接続してくれて、Macのトラックパッドやキーボードから、iPadを操作できるという神のツールが、ユニバーサルコントロール。

ファイルのドラッグドロップでMacとiPad間でファイルのやり取りもできるし、凄すぎる。

AirDropとSideCar、ユニバーサルクリップボードの技術を存分に組合せた、非常に高度な機能。

使い方

下記の画像の通り、チェックを入れるだけで、あとはMacの横にiPadを置けば、次回以降は勝手に接続してくれる。

Mac側の設定

スクリーンショット 2022 03 16 18 29 28

スクリーンショット 2022 03 16 18 29 48

ディスプレイの位置は自分で好きな位置に設定できます。
僕の場合、セカンドディスプレイは、大体メインの右側に配置することが多いので、今回もそうやって設定しています。

iPad側の設定

AirPlayとHandoffからユニバーサルコントロールのオンが必要です。

IMG 8458

IMG 8459

ナチュラルなスクロールをオンにしておくと、iPadをトラックパッドで操作しやすくなる。
これにチェックを入れておかないと、スクロールの向きが、普段のMacと逆になる。

まとめ

いやぁ便利。

まだベータなので、荒削りっぽいところがあるのかもしれないですが、基本的にはかなり良い感じに動いてくれます。

iPadでコピーした文章などは、ユニバーサルクリップボードによって勝手にMacにコピーされたりするので、何も違和感なく使えます。
MacからのiPadの操作はもちろん超絶簡単にできるし、ファイル移行も超絶簡単。

  • iPadで動画流しながら、Macでウェブサーフィンしたり
  • Macでブログを書きながら、iPadのLightroomで写真の処理をしたり
  • Macで資料を作りながら、iPadの専用アプリで簡単に写真の加工をしたり

みたいに、いろいろなことがスムーズにできちゃう。

Side Carだと一回繋ぐ処理が必要なので、操作が若干不便だったのが解消されたのと、M1のCPUが2個で並列に使えるので、重い処理しながら色々やるにも安心ですね。

まぁ一番嬉しいのは、Macを使っていて、iPadでしかできないことを思い出した時に、操作体系を変えずにMacから情報を引き出せるのが一番いい!

アプリと、Apple Pencilいう存在によって、iPadだけでしかできない作業も意外と多いので、それをMacからイジイジできるのがこんなに楽だとは。

これからもたくさん使っていこう。