GarretCafe

こんなご時世こそ、自分の考えを書いてみよう

実は一番嬉しいかも!?WWDCでひっそり公開された、macOS Montereyでショートカットが使えるアップデートが良い

   

Apple wwdc21 newsroom homepage tile 033021 jpg og

本日の朝ごろ、WWDCにて、今後のAppleソフトウェアの展望が示されました。
大きなところで言えば、iPadOSの大幅な進化、FaceTimeの高機能化、macOSでのユニバーサルコントロールでしょうか。

そちらのまとめは、色々なところで説明されているので、そちらを見ていただくとして、今回は、こじんまりとアップデート情報が載っていた、Macでショートカットアプリが使えるようになるアップデートについて、雑観でも書いておこうと思います。

macOS Montereyでは、ショートカットアプリが使用可能

スクリーンショット 2021 06 08 17 55 24

こんな感じで、使えるようになるようです。

現行のMacでは、自動化ツールとして、AppleScriptだったり、Automatorが用意されています。
それらは残したまま、iOSで自動化ツールとして使われているアプリの、ショートカットが使えるようになります。
WWDC内では、Automatorのワークフローは、ショートカットに呼び込めるとのことが書いてあったので、今まで作ったものが死なずに済みます。

以前、Macで作業を自動化した際に、AppleScriptを使ってプログラムを書きました。そのプログラムの紹介記事に、M1に統合した理由は、Macでのショートカット利用解禁かと思っていた、というコメントを書いていたのですが、それがようやく実現した形です。
Macで、コピーしたリンクから自動でaタグを作ってクリップボードに返すAppleScriptを作った

Macでのショートカットアプリ解禁でどうなる?

M1のMacは、iPhoneなどで使えるアプリを起動できるので、iPhoneのアプリでやると速い作業を、Macでも簡単にできるようになります。

今までって、Macいじりながら、iPhoneアプリで特化した作業などを、ちょろっとiPhoneで触って、すぐにMacに飛ばして、作業再開するみたいなことが、よくあったと思います。
それが、無くなる。

そして、今回のアップデートによって、ショートカットも使えるようになったので、さらにシームレスになります。

今後、アプリの選定で重要となってくる指標は、iCloudで、作業内容が同期できるかどうかってとこになっていくんでしょうね。
ショートカットで、iPhoneと同じことをやろうとするならば、アプリ内のデータやステータスが揃っていることが、かなり重要です。

ここで出てくるユニバーサルコントロールの凄さ

Img03

これは、Appleの伏線なんでしょうか。

今回の目玉アップデートの一つ、ユニバーサルコントロールは、こういった面倒ごとを、一挙に解決してくれます。

ユニバーサルコントロールとは、MacにiPadを近づけるだけで、1組のマウスとキーボードを使ってMacとiPadの間をシームレスに移動して、データのコピーや移動などができる、という機能です。

要は、iCloudで、MacとiPadのデータを揃えることなく、Macから直接iPadのデータにアクセスしてやろう、というやつです。

Macでメイン作業をしつつ、iPadでは、ちょこちょこした特化型の作業をする。主軸はMacです。
Macでの作業に必要となる細かいちょこちょことした情報は、ショートカットで全部自動化して、iPadの特化型アプリを通して勝手に揃い、最終的にMacに帰ってくるイメージです。

すごいですね。macOS Monterey、楽しみです。

まとめ

今回のWWDCで、iPad miniの新型が出れば、買い換えようかなと思っていましたが、出なかったので、Airか、Proの購入を検討し始めましょうかね。
iPad mini4では、SideCarすら使えないので、最新の機能をサクサク使うには、力不足かもしれません。

偶然、今日発行の別記事にて、ショートカットの記事を書いているので、よかったら合わせて読んでみてください。
気になったことを後で検索できるようにメモしておける『Search It Later』をショートカットで作ってみた

こういったショートカットも、Macで共用できれば、いちいち端末を持ち替えなくて済むので、自分が情報を得たいのか、書きたいのか、という作業内容だけを意識して、その時に使う端末を選ぶことができます。

すごいなぁ。