好きなものだけ詰め込んで、
好きなところへ
- Gadget Camera Camp Leather -

iCloudを使ったSafariのタブ同期で、iPadの幽霊タブが永遠に消えないバグがやっと直った

   

6AAB39AB-3E8E-4831-828C-CCF036FDCEF7-8044-0000020F9CC8CFB6

iCloudを使って、端末間で、Safariのタブが同期できます。ですが、バグで、他の端末で開いたSafariのタブがiPadのSafariから消えなくなって困っていました。今回の記事は、それが解決したよ、という趣旨。

本題に行く前に、少し無駄話。

iCloudは今年で10年

iCloudに縛られた人生になって、2021年の10月で、10年が経つみたいです。
Appleの公式サイトを調べてみると、「2011/10/5にiCloud開始」の公式メッセージが出ています。ということは、iCloudがないと生きていけない体にされて10年ということ。現代の奴隷の開始が10年前です。

iCloudは、単なるファイルをアップロードして保存しておくためのストレージにあらず。その本性は、数多あるApple製品を裏でシームレスに繋いでくれる、影のボス。本当に、こいつが存在しないと、ここまでApple製品は便利になっていなかった。
めちゃくちゃに便利極まりない。

どの製品を使おうと、同じような設定が維持されるのはもちろん、写真がいつでもどこからでも見られたり、今となってはiCloud+で使える仮のメールアドレスなんてものもある。

痒い所に手が届く、Safariのタブ同期

個人的に、昔からiCloudで一番恩恵を受けていたのは、Safariのタブ同期。iPhoneで開いているタブを、iPadですぐに開くことができる、ちょっとした機能です。
便利なんですよね。出先で見たい記事をSafariで開いておいて、家に帰ってから、そのタブ同期を使って、iPadでその続きを閲覧するの。

リーディングリストなんて機能もあるので、それ使えば?というのもあるんですが、そこに保存するまでもない、ちょろっとした記事ってあるじゃないですか。そんな時に使っていました。

消えなくなったSafariのタブ

本題ですね。

便利なiCloudも、昔からバグが多いことで有名でした。僕はあまり被害を被ったことがなかったのですが、今回、ついに出てしまいました。

iPad上に、消えなくなる幽霊タブが出現するバグです

iPhoneとiPadでタブを同期していたとして、iPhoneで閉じたタブが、iPadのSafariに残る。
で、消えないタブが徐々に増えていって、本当に今開いているタブがなんなのかわからなくなる。ということは、この機能は実質死んだのと同じ。

IMG_5895
※iOS15で追加された、Safariのタブのグループとは別の機能です。一応。
解決した後の写真ですが、上の赤丸で囲った部分が、今回のバグの対象です。

謎だったのは、そんなエラーが出るのが、iPadのみということ。MacBookでSafariのタブを見てみると、iPhone上にそんな幽霊タブはいないことになっている。

iPad上に蔓延る幽霊タブの謎。

解決策は…時間…

「時間が解決してくれるよ」失恋時に言われる言葉No.1。そんなのわかってるよ、と、うるせーわ、と思いながらも、言われるとじわりときてしまうフレーズ。

今回のバグも、どうやらそうした部類のバグのようです。じんわりきます?

実は、解決する1ヶ月くらい前に、Appleのサポートに電話して、該当のバグについて聞いたことがあります。その際、言われたのが、例のフレーズ。

どうやら、iCloud上に残っているキャッシュが悪さしているらしく、定期的に実施されるキャッシュのクリーンが行われる際に、そのバグが直ることが多いとのことでした。

実質、現時点での解決策がなく、お手上げ状態の時の常套句だと思ったので、ご対応いただいた方を責め立てることなく、スッと引き下がりました。
諦めの良さに定評あり。

まぁ一般人一人のために、iCloudのサーバーを再起動するわけにもいかないし、実際どうしようもないよね。

時間置けば、本当に直るのか?

今すぐには解決できない。時間を置けば、直るかもしれない。
それはわかった。で、問題は、本当に直るのか?いつ直るのか?というところ。

放っておけば直ると言われても、それが30年後では困るわけだ。

回答はないだろうと思いつつ、いつ頃が目安?と聞いてみましたところ、意外なことに、回答がありました。
もちろんは、保証はしませんが、という前置きつきです。

どうやら、直るまでの相場としては1ヶ月とか2ヶ月とからしい。

サポートに聞いた時点で発生から1ヶ月が過ぎていたわけだが…

この時、若干、終わったと思った。
相談時で、バグ発生から既に1ヶ月が経っていたので、もう一生このバグと付き合っていくんだと悟った。

Safariのリセットだったり、Safariのキャッシュの削除だったりしても直らず。巷に転がっている、対処療法を試すも直らず。サポートはお手上げ。

一旦このことは忘れて、諦めました。

諦めて2ヶ月、なんか直りました

忘れかけていた頃、ふとSafariのタブを見てみると、消えていました。幽霊タブ。
嬉しすぎる。

サプライズはいつも突然に(それがサプライズだからね)

ということで、トータル2.5ヶ月の放置。それで解決まで至りましたと、そういうお話。

まとめ

Safariのタブが消えなくなるバグについて、説明しました。
解決策としては、2.5ヶ月間の放置。

ただ単に待て、というのは、本当に直るの?ということも相まって、心にきます。なので、直ったよ、という実例として、一応記事にしました。

同じようなバグで苦しんでいる人は、時間の解決に任せてみても、良いかもしれません。失恋のように。