GarretCafe

こんなご時世こそ、自分の考えを書いてみよう

M1のMacBookとiPadの組合せでSideCarを使えば、超スリムにサブディスプレイを持ち歩ける!

   

DSCF5393

えげつないよ〜。コンパクト&便利すぎてえげつないよ〜。

MacBookとiPadの組合せで、SideCarという機能を使えます。SideCarとは、iPadを、MacBookのサブディスプレイとして使えるアプリです。
便利すぎて、どうにもこうにもならないので、その凄さをお伝えしようと思います。

SideCarとは

先ほど記載の通り、SideCarとは、iPadを、MacBookのサブディスプレイとして使えるアプリです。
MacBookの横にiPadを置いて、MacBook側でボタンを一回クリックすれば、瞬時にiPadをサブディスプレイ化できます。

ケーブルなどを繋がずにサブディスプレイ化できるので、家はもちろん、移動先でもパソコン作業が捗りまくっちゃいます。

DSCF5393

こんな感じで、MacBookの画面を広く使えるので、作業がとてもやりやすい。
MacBook側でブログの記事を書きつつ、iPad側でsafariを開き、情報収集をするなんてこともお手の物です。

YouTubeを見ながら画像編集をするなんてことも、効率的にできます。

iPadOS15では、iPadの画面をMacBookからいじれるようになるようなので、SideCarとiPadアプリを入れ替わり立ち替わり使えるようになったりするかもしれないですね。

持ち運びでこそ真価を発揮する

MacBook Air、超薄いです。iPad Pro、超薄いです。
2つが合わさっても、なかなかに薄いです。

ということで、両方を同時に喫茶店等に持っていけば、出先でデュアルディスプレイで作業ができます。
こんなことってなかなかないですよ。普通のモニタなんて、デカイ&重いで、持ち歩くなんて不可能ですので、まさに奇跡の組み合わせ。

A5A618A3-C933-45B4-B962-C127BDA93720-6502-00000488436760E2

普段、MacBook AirとiPad Proをこちらのクラッチバッグに入れて持ち歩いています。なかなかに薄い鞄に両方入るので、基本どこにでも持っていって作業が可能です。
幸せ。

使っている鞄は、下記の鞄です。
プエブロレザーを楽しめ!sotのクラッチバッグの購入レビューとその後のエイジング

こぼれ話

DSCF5394

M1のMacBook Airは、外部ディスプレイの出力が、1個までと仕様で決まっています。なので、通常状態では、トリプルディスプレイにすることはできません。
ただし、抜け道的にトリプルディスプレイでの運用することもできます。ご想像の通り、SideCarを使うことで、トリプルディスプレイにできるんです。

上記画像の通り、3画面使えると、同時に3作業できたりするので、とても効率よく作業が進められますね。

ありがたいの極み。

まとめ

下記の通りまとめておきます。

  • MacBookとiPadの組合せで、iPadをサブディスプレイ化できる
  • 無線接続、簡単接続で、気分爽快
  • 非常にコンパクトな組合せなので、出先でもデュアルモニターで作業が可能

ということで、ぜひ使ってみてください。
便利すぎるので、一度体験してしまうと、もう戻れない。