好きなものだけ詰め込んで、
好きなところへ
- Gadget Camera Camp Leather -

アイデアやメモを書き留める、POSTALCOのおしゃれすぎるスナップパッド

   

20220417-_Q5A5573

何にも構えずに、パパッとアイデアを書き留めたり、ちょっとした計算式を書いたり。
そんな時に、裏紙があると、かなり便利。

書く内容は、本当になんでも良い。むしろ、なんでもない方が良い。

大事な手帳とかに、後で見返すからきれいに書こうとすると、きれいに書くことに集中してしまって、頭の中が整理されなかったりするから。
ちょっとくらい雑に扱える、裏紙の方がちょうど良いのだ。

でも、裏紙に書くとしても、裏紙単体で持ち歩いていると、ちょっと味気ない。良く使うのだから、裏紙でさえも、気に入った入れ物に入れて、持ち歩きたい。

この記事を書いている人
ー ひょさか ー
このサイトを運営してそろそろ10年。
生まれた瞬間からMacユーザー。
キャンプ歴も多分20年くらい。
カメラは初めて1年でフォトコンテスト2件入賞。
本職は機構系の設計者。

POSTALCOのスナップパッド HW A4

20220417-_Q5A5564

POSTALCOというステーショナリーショップがある。NYのブルックリンで起業して、東京を拠点にして20年経つ、暮らしに技術を活かしたオシャレなブランド。

スナップパッドという、紙を留めておくオシャレなノートブックが、POSTALCOでは非常に有名。
こんな感じのスタイリッシュな見た目で、裏紙とかをまとめておける、バインダーのようなモノ。

外側には、厚手のプレスコットンが用いられており、手触りも抜群。持ち歩いていて、手に馴染むようなフィット感が、なかなか癖になる。

20220417-_Q5A5565

ホックを開けると、こんな感で、オシャレなネイビーの裏地とご対面。
ジャケットなんかも、結局のところ、裏地が気に入ってたりすると、衝動買いの原因になったりする。

長く大事に使っていけるものは、裏地も丁寧に処理されていることが多い。

20220417-_Q5A5567

ポスタルコのロゴは、伝書鳩。
手紙のやりとりや、コミュニケーションにインスパイアされて始まったことで、このロゴを採用することになったそう。

殺風景になりがちなバインダーに、ワンポイントアクセントとして、こじんまりとブランドロゴが入っているボタンを使うのは、なかなか心に響く。

でかでかとブランド名などが表面などに書かれていると、なんとなく使いづらいし。

スナップパッドの使い方

20220417-_Q5A5568

基本的には、裏紙等に、パンチャーで2つ穴を空けて使います。

穴を空ける時は、マックスの穴あけパンチャーが便利。
スタイリッシュで邪魔にならない見た目だし、なんと言っても、35枚まで一気に穴を空けられる実力は、流石っホッチキスで色々と学んできたメーカーであると感じるわけだ。

20220417-_Q5A5570

紙に2つ穴を空けたら、ホックが留まっていた突起に穴を通す。

それだけで完成。

あとは、いつでも思い立った時に、アイデアを殴り書きするだけ。
作りたい試作品の外観図だったり、GWにやりたいことを書き殴って、スケジュールを立てる元にしても良い。

失敗しても大丈夫という安心感が、筆をすすめて、頭の中にあるゴチャゴチャをスッキリさせてくれる。

もちろん、どんな時でも、万年筆は肌身離さず。

小説にも登場し、一世を風靡するも、メーカーが廃業して消え去った万年筆、DELTAのドルチェビータ | GarretCafe

一時、万年筆にハマっていた。 最初は、僕の万年筆との出会いの話から。 万年筆との出会いは小学生 最初に万年筆を手にしたのは、小学生の時でした。 「8年誌」という毎日日記がありまして、それを毎日ちゃんと ...

20220417-_Q5A5571

まとめ

いつでも、どこでもアイデアを紙に残せる、POSTALCOのスナップパッドの紹介をしました。

頭を整理するのにぴったりなアイテム。色々考えて、まとまりがつかなくなった頭の中を、スッキリとさせてくれます。

スナップパッドには、何種類か種類があって、通常品、HW品、革品などがある。今回紹介したのは、厚手のプレスコットンが使われている、HW品。
せっかくなら、ちょっとリッチ感あるものを使うのが、長く使えるコツかも。

この記事を書くにあたって、スナップパッドを使って書いたわけではないけれど、心なしか、いつもよりスッキリとした丁寧な文章になりました。

そういうことなんですね。