好きなものだけ詰め込んで、
好きなところへ
- Gadget Camera Camp Leather -

「とりあえず」で持ち運べるコンパクトな「SLIK 三脚 ミニ II」は、旅行やちょい散歩におすすめ

   

5Q5A3030

あって便利な三脚。持ち歩いていないと、撮れない写真がある三脚。
でも持ち運ぶのは面倒くさい三脚。

先日、Velbonのトラベル三脚を紹介しました。超折り畳めてコンパクトになり、なおかつ軽い。そして設置は楽、という素晴らしさを語りました。

「トラベル三脚はコンパクトで軽いって言ったって、それでもでかいし、重いじゃん

わかります。
でかくて重い。持ち歩くの邪魔。

世の中には、ミニ三脚というものが存在し、普段の簡単な散歩や、撮影メインではない旅行におすすめなので、紹介します。
SLIK 三脚 ミニ II 2段 卓上三脚 214817

SLIK 三脚 ミニ II

5Q5A3030

それが、こんなやつ。

折り畳み時で、約20cmと、激ちびサイズです。重量も320gと、りんご1個分くらいの重さ。素晴らしい。

5Q5A3031

パイプ径は20mmと大きくはないです。ただ、全体サイズから換算すると、十分すぎる太さです。2段目を開いても、ほぼ揺れは生じません。

(あまり言いたくないですが、先日紹介したVelbonのトラベル三脚は、あの大きさで、脚の径が21mmですからね。SLIKのミニ三脚の安定さがよくわかると思う)

ちなみに、真ん中のポールに吸盤も付いているので、地面に貼り付けたりもできる。

5Q5A3032

雲台は、3Way雲台で、ネジ式です。

パッと持ち出して、出先ですぐ使う用途だと、ネジ式はありがたいです。
アルカスイスのシュー式だと、パッと持ち出して、シュー忘れた、みたいなことにもなりかねません。

雲台は、この用途だと、自由雲台の方が、使いやすいかもしれない。

自分に三脚を立てる?のも便利

B001va2l4q 02 SL300
via Amazon | SLIK 三脚 ミニ II 2段 卓上三脚 214817 | スリック | 卓上三脚・ミニ三脚

こんな感じで、自分に三脚の脚を立てつけると、カメラが安定するので便利。

あと一歩シャッター速度を落としたい...! というときに威力を発揮。

実際にミニ三脚を使って撮ってみた

出先で使ってみました。

薄暗い靄の中で、f16まで絞ったので、シャッター速度が3秒と長めになりました。

そんな時でも、このミニ三脚があれば、安心。全くぶれがありません。ありがたいですね。

旅行先で、自撮りする時も、この三脚が1台あれば、構図の自由度が飛躍的に増えるので、かなりおすすめ。

まとめ

毎日持ち歩くなら、こんな三脚がいいなぁ。そんな呟き。

先日、PeakDesignのエブリデイスリング、というカメラバッグを紹介しました。
RAW現像用iPad Proとカメラを入れて散歩するのにぴったり!PeakDesignのエブリデイスリング 6Lを買ってみた

そのカバンにちょいっとくっつけて持ち運ぶのも、マイブーム。

持っていると、「あぁ...三脚持ってくればよかった...」という残念感が激減するので、持っていない人はぜひ。
あまり高くもないので、おすすめです。