GarretCafe

こんなご時世こそ、自分の考えを書いてみよう

AirTagを傘の盗難防止用に買ってみたので、効果のほどを考察してみる

      2021/05/30

スクリーンショット 2021 05 13 20 32 26

先日、忘れ物防止タグのAirTagが発表されました。
大事なものにくっつけておくと、それを忘れたときに、iPhoneが通知してくれたり、探すときに場所を教えてくれるガジェットです。

このガジェットの用途を考えると、真っ先に傘に取り付けて、忘れ物防止をするが思い浮かびました。

電車の中に忘れがちだし、お店の入り口の傘立てに置いたりすると、誰かに持っていかれてしまったりと、何かと失われがちな傘を守るため、AirTagを購入することにしました。

ということでApple Storeで購入した

IMG 3831

購入しました。

届くのは4~5週先のようですので、まだ手元には無いです。届いたら、別途レビューしようと思っています。

2021年5月30日

届きましたので、実際に傘に取り付けて、AirTagの実力チェックをしてきました。
傘の置き忘れ対策に、AirTagを買って取り付けてみた結果

傘にAirTagってどうなの?

まだ持っていないですが、手元にきても多分結果は変わらないと思うので、結論を書いておきます。

傘の忘れ物防止には効果あり?

こちらは効果あるでしょう。

もともとその用途で開発されたものなので、これができないと話になりません。どっかに置いてきてしまったときにも、場所がわかるということで、見つけられる可能性大です。

もちろん、防水性能もあるので、雨の日でも、ちゃんと動作することが想定されます。
仕様を見てみると、下記の通りIEC60529のIP67に適合しているので、雨程度ではほぼ問題ないはずです。
水溜りに落ちた状態でも、OK。もちろん、電池交換の時とかに、ちゃんと蓋をすることが前提ですが。

AirTagは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています(最大水深1メートルで最大30分間)。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。クリーニングと乾燥の方法については、安全性と取り扱いに関するマニュアルのセクションをご覧ください
via AirTag - Apple(日本)

傘の盗難には効果があるのか?

こちらは半々でしょう。
結論から述べると、AirTagについてよく知っている盗人には効果がなく、全く知らない盗人には、効果がありそうということです。

盗難に効果がある場合

盗難する人の気持ちを考えてみると、得体の知れないタグが付いている傘を手に取るのは、なかなか勇気があるでしょう。その心は、なんのためにそのタグがついていて、どういう機能を持っているかわからないから。撮った瞬間にブザーとかがなってしまったら嫌ですからね。

ということで、AirTagの機能を知らない人には、効果がありそうです。また、盗まれた場合も、アプリから追跡が可能になります。

盗難に効果がない場合

AirTagの機能を詳しく知っている人には、あまり効果がないと考えられます。AirTagに盗難防止用の機能が無く、盗んだ瞬間にブザーが鳴る心配がないことを知っているからです。

さらに、AirTagでは、ストーカー対策のために、AirTagの機能を簡単に無効化できる手順が、webサイト上に書かれています。その方法は、AirTagから電池を抜くこと。電池をAirTagから抜いたら、そいつはもうただのタグなので、周りの人のBluetoothにアクセスできず、追跡機能を維持できません。

ということで、AirTagの無効化方法を知っている人に盗難されると、もう見つからない可能性が高いです。

まとめ

まとめると、傘を忘れる場合には、絶大な効果があると考えられます。電車内に傘を忘れても、どこにあるかを突き止められると思います。

反対に、盗難にはケースバーケースです。
有識者には、盗難防止の効果は全くないですが、非有識者には、盗難防止の効果があると考えられます。また非有識者に盗まれた場合は、AirTagの追跡機能を使って、取り戻せる可能性が高いです。

ということで、3800円の価値があるかは分かりませんが、私は大事な傘にAirTagをつけておこうと思います。