GarretCafe

こんなご時世こそ、自分の考えを書いてみよう

貧乏人にや学生もオススメ!アポ無しベトナム縦断旅行紀【13日目】

      2021/04/08

活気溢れる最高の街であるほぼ最北端のベトナムの首都ハノイから、ほぼ最南端のベトナムの中心都市ホーチミンまで、電車やバスを乗り継ぎながら縦断の旅を二週間してきました。

  1. 貧乏人にや学生もオススメ!アポ無しベトナム縦断旅行紀
  2. 0日目:モノローグ
  3. 1日目:ハノイに到着!
  4. 2日目:ハノイ満喫!ホー・チ・ミン嘲へ
  5. 3日目:ハノイ散策!タイ湖と護国寺
  6. 4日目:世界遺産のハロン湾クルーズ!
  7. 5日目:ハロン湾クルーズ2日目!ニンビンへの移動!
  8. 6日目:ホアルー&チャンアン!そしてニンビンからフエへ電車で移動!
  9. 7日目:フエからダナンまでバスで移動!
  10. 8日目:ビーチ!最高のリゾート地ダナンを超満喫!
  11. 9日目:ダナンから古都ホイアンへ!!
  12. 10日目:ホイアン!→ミーソン遺跡!→ダナン!
  13. 11日目:最強のビーチ!ニャチャンで疲れを癒す
  14. 12日目:ニャチャンでだらだらしてから電車でホーチミンへ
  15. 13日目:ホーチミンへ到着!
  16. 14日目:最後のベトナム!ホーチミンでの1日散策!!
  17. 15日目:タイへ!!
  18. 16日目:タイからマカオへ
  19. 17日目:マカオから日本へ

寝起きはなかなかだった。
ゴキブリが出ないか気になってしょうがないレベルの睡眠しか取れなかったように思う。電車が全然来なく、寝たのがおそらく3時ごろ、起きたのは8時なので5時間くらいの睡眠量だろうか。

今回ついたのは最終目的地であるホーチミン市だ。ベトナムで1番大きい市であり訪れる観光客の数も段違いで多いと聞く。

今回たどり着いたのはそのホーチミン市にあるサイゴン駅という駅だ。ホーチミン駅という駅は無く、サイゴン駅がホーチミン担当の駅となるので切符を買う際は注意が必要となる。ちなみに統一鉄道の終点に当たる。

泊まった宿はサイゴン駅からタクシーで20分ほど走ったところにある。この時も、クレジットが使えなかったのでbnbを通して交渉して、現金で泊めてくれることになった。
ホテルの人もみんなフレンドリーで、マップを使ってオススメのお店を教えてくれたりととても居心地が良かった。

ちなみに部屋もめっちゃ綺麗。カップルで長期間過ごすのに最適だと思います。

ホーチミンにて

チェックインまでの間、宿の人が近くにあるフォー屋さんに連れていってくれた。ちゃんとした食べ方も知ることがやっとでき、フォー自体もとても美味しかったため満足。

チェックインが終わった後は、オススメされた博物館に行った。基本的に僕は博物館とか美術館がそんなに好きでは無いのでそこそこの面白さにとどまった。

お昼はバインセオというベトナム版お好み焼きを食べに行った。バインセオ46という地元に人はみんな行くらしいお店を紹介されたのでそこに行った。
味、ボリューム共にかなりコスパがよく、これ一個で80000ドンとかだった気がするのでとてもお買い得。

他にも春巻きやらなんやらあったので、一度は訪れてもいいお店だと思う。

食べ終わったら近くの教会へ。歩いて1分程度のところにある。ピンクが綺麗な教会でした。

次はオススメされた、チェが食べられるお店へ。
緑のゼリーがクソまずかったが、液体の方は美味しかったので完食はできた。

暇になったので、ホーチミンで有名なブイビエン通りというところへ行って見た。ここは海外の人がみんな集まり、夜は活気に溢れる通りです。
そこにあったアイス屋さん出る一休憩。

なんかよくわかんない寺院を探しに行った。怖かったので入りはしていない。

夜のお散歩。ハノイに似てとても活気がある街でとても楽しい。ただ交通ルールを守らないバイクが非常に多くちょっとした殺意がたまに湧き出ることが多々あった。

中央郵便局。中はハリーポッターの世界を感じることができなかなか楽しい。

おやつ。

夜になったのでブイビエン通りに舞い戻った。お昼はいなかった如何わしいお姉さんたちがマッサージと言いながら客引きをしている。そういう系のお店も非常に多い。

コングというお店に入りビールを飲んだ。

ベトナムで飲めるビールは
333
Tiger
サイゴン
Laure
などがあるが
個人的にはこのTigerビールが1番好きになった。

夜ご飯はその店の目の前にあるbasb”s kitchenというお店に入った。インド料理のお店で、ここも宿に人にオススメされた場所となっていた。

バターチキンカレーはちょっと辛かったが、とても美味しい味でした。

3軒目はSAHARIというクラブっぽいお店の一回に行こうとしたのだが、いっぱいだから上の階に行けと言われ行ったが、おっさんDJが1人で音楽を奏でており非常な危険な匂いがしたため即帰りたかったがビールを頼んでしまっていたため、それを飲み終わるまで帰宅はお預けとなった。
客が誰もいないのがマジで怖い。

飲み終わった後会計を頼んだら、特に変な料金もかからず普通のお店だったんだなと感じた。

疲れ切ったのでタクシーに乗って帰宅。

シャワーを浴びて1日目の前ホーチミンの夜は終わり。