GarretCafe

楽に生きる.心と持ち物,手ぶら生活のすすめ

      2016/09/11  

ベトナム旅行【10日目】

本日はホイアンでの目覚めから。

9時にゆったりと起きたら、宿が用意してくれたバインミーという朝食を食べた。フランスパンにベーコンを挟んだりして食べるベトナムで一般的な朝食だ。
ついでにマンゴーやドラゴンフルーツも付いてくる充実ぶり。

食べたら12時までまたベッドでコロコロしたりiPadでダラダラしていた。

最近疲れが徐々に溜まってきてるというのと、12時に宿の息子さんがミーソン遺跡という世界遺産まで連れて行ってくれるとのことだったので、なんとなくどこにも行く気も起きずホテル内でダラダラしていたのだ。

12時になったら宿の人とお別れしてミーソン遺跡へ向かう。

ミーソン遺跡にて

今日から写真をiPhoneで撮るようになったので、簡単に写真を載せられるようになった。だから少しだけ紹介用に載せておく。

ミーソン遺跡は900年前になんとなく作られた遺跡で、ベトナム戦争でアメリカ軍に爆破されたところだそうだ。
ちなみに世界遺産。入場料も150000ドンもかかる。

電気自動車で入口からしばらく連れて行ってくれるが、そこからは歩きになるので暑い日は辛い。

僕たちは電気自動車の到着口でチャーハンみたいなのを食べた。犬がいっぱいいて怖かったけど、30000ドンと格安だったのでまぁしょうがない。

実際の写真はこんな感じ。ベトナム版ラピュタといったところ。

そんなに広く無いから簡単に全部を見ることができる。

ミュージアムの代金も入場料に含まれているため、入ったのならせっかくなので見ておくべし。一部は日本語で書かれているのでちょっとは内容がわかるはず。

帰りはめっちゃ喉が渇いたのでレッドブルを一気飲みした。日本とは違ってすごい効きそうな味と色をしている。

ダナンに帰ってくる

ミーソン遺跡が終わったら待っててくれた息子さんに連れられてダナンに戻る。

風呂代わりにスパに入る

訳あってGallinaホテルで降ろしてもらったらどういうことか警備員にフロントに連れて行かれてしまったので、そのまままた泥風呂があるスパに入ってきた。

ニャチャン行きの電車が22:40なので、それまで時間を潰すためにまずは夜ご飯を食べに行った。

夜飯はシーフード

食べたのはシーフードで、食べたかったハマグリと、ライギョがあったので注文。

ハマグリはレモングラスで味付けされておりけっこううまい。

そして問題のライギョはなんと全身がフライにされておりインパクト抜群の品物だった。

どこを食べればいいのかわからないので片っ端からヌクマムにぶっ込んで食べる。事前に淡水魚の味と聞いていたの驚きはしなかったが、それでもなんというかかなり淡白な味。嫌いじゃ無い。

そもそもこのボリュームで80000ドン(400円)というのがおかしいのでやはりベトナムはたまらない。

さらにカフェで時間を潰す

まだ時間があったのでさらにカフェで時間を潰した。

たまたまいつか飲みたいと思っていたEGGCOFFEEという卵が入ったコーヒーがあったので注文。
49000ドンでした。

正直最初の一杯でお腹がいっぱいになる味だったので、たぶんちょっと残した状態でお店を出ると思う。

そういうことで、電車に乗るまでの間に今日やってきてことをまとめました。

おそらくここからタクシーに乗ってダナン駅へ行き、無事にニャチャンに明日の朝につけると思う。

ただ、今回の電車は前回と異なり寝台が満員だったので椅子の席になってしまった都合上、ニャチャンに着いた時には廃人になっている可能性がある。

すごく怖い。