好きなものだけ詰め込んで、
好きなところへ
- Gadget Camera Camp Leather -

HAKUBA カメラバッグ インナーソフトボックスを使って、革カバンをカメラバックパック化する

   

5Q5A3489

革小物が大好きです。何かしらの製品を買おうと思ったら、とりあえず革製の製品があるかをまず探します。
革製品は、上手に使えば、経年の変化が良い感じのアクセントになり、劣化した感じが出てこない。なので、長年にわたって愛用することができる。

そういうこともあり、革製のカメラバッグ、特にバックパックタイプのものを探しました。しかし、なかなか出てこない。ショルダーバッグタイプの革カメラバックはあるのですが、バックパックタイプは全然ない。

ということで、手持ちの革バックパックをカメラバック化できるよう、HAKUBAのインナーソフトボックスを購入してみました。
今回は、それの紹介です。
HAKUBA カメラバッグ インナーソフトボックス 500 オレンジ 取り外し可能なフタ付き KCS-39-500OR

使う革カバンはanalogicoのリュック

4DF913F8 AD3C 40FD AD59 37665DB0A678 17203 00000ACD03D2B4E4

カメラバック化する革カバンは、analogicoのリュックです。
革をふんだんに使った贅沢仕様!analogicoの四角リュックMのエイジング

総革でできていますので、使い込むにつれて進むエイジングが非常に艶かしい。

普通のリュックで、内側も革なので、そのままでは、カメラを保管するにはあまり向いていません。
そこで、インナーソフトバックの出番です。

HAKUBAのインナーソフトボックス 500を使う

5Q5A3490

カメラのアクセサリーメーカーとして有名な、HAKUBAから出ているインナーソフトバックを使って、analogicoの革リュックをカメラバッグにします。

5Q5A3491

中身はこんな感じ。好きな場所で分けられる仕切りが2個ついていますので、本体1個とレンズ2個くらいは収められます。
今回は、500のサイズをチョイス。薄型なので、いろいろなサイズのカバンに合います。

5Q5A3492

うれしいことに、analogicoのリュックにぴったりフィット。
下側をカメラスペースにして、その上にちょこっとした荷物を乗っけて持ち運べます。

5Q5A3493

インナーソフトバックを開けたところ。
ちょっときつめなので、中の仕切りが折れ曲がってますね。まぁよいか。
なかなか無いサイズなので、うまく収まってよかった。

まとめ

とりあえず、愛用の革リュックを、カメラバッグとしても使えるようにできてよかったです。
使っているリュックのサイズに合うインナーバッグを見つけられると、お気に入りのカバンがカメラバッグになるので、良いですね。

実は、こちらのHAKUBAのソフトボックス、臭いと噂でした。届いてみると、確かにちょっと臭かったですが、外に出して半日干しておけば、ある程度マシになったので、許容範囲でした。
よくある新品の化繊の臭いですね。

安いのでOKのOK。