GarretCafe

こんなご時世こそ、自分の考えを書いてみよう

気になったことを後で検索できるようにメモしておける『Search It Later』をショートカットで作ってみた

      2021/06/08

Man 6253257 1280

頭にふと浮かんだことを、今ではなく、後で調べようと、ちょっとメモしておきたいことがある。
調べることが重めの内容だったり、今は調べる時間がなかったりすると、『後で』となってしまう。

そんな時に便利なシステムを、iOS標準アプリのショートカットで作ってみたので、紹介します。

ショートカットの概要紹介

検索ワードをストックしておくショートカットです。

IMG 4109

ショートカットを起動すると、検索ワードを聞いてきます。

ワードを入力して、『完了』を押すと、そのワードがストックされます。

このショートカット自体を、背面のダブルタップなどに登録しておくと、調べたいことを思いついた時に、すぐにワードをストックできるので、超便利。

IMG 4110

ストックされたワード自体は、リマインダーアプリに登録されます。
こんな感じ。
登録するリストは、自分で適宜調整ください。

ここでリンクをタップすれば、そのままsafariが開きます。

IMG 4111

もしくは、先ほど検索ワードを入力した画面で、何も入力せずに『完了』を押すと、溜まっている検索ワードが一覧にされます。

リマインダーアプリを開かないでも、さっと確認できるので、すこぶる便利です。
何が良いって、ロック画面でも確認できるのがとても良い。

インストール方法

下記からインポートください。

Search It Laterをインポートする

まとめ

iPhoneが出たての頃には、雨の後のタケノコのようにポコポコ開発されていた、ニッチな需要を狙ったアプリの中には、更新が止まってしまっているものが多い。

ニッチなアプリなので、無くても死なないレベルだけども、無いと不便というものが多い。そう言った場合は、代わりとして、自分で作らざるをえないことがある。

ということで、今回はちょろっと作ってみました。ショートカットはよくわからんので、作るのが難しいね。