GarretCafe

- Gadget Camera Camp Leather -

こんなご時世こそ、自分の考えを書いてみよう

MacOSとiOSとの協調性UPに向けて、Textwellにて全OSでアクションまで同期されるようになった

   

News 760984 1280

Textwellがアップデートされました。今までで一番大きなアップデートとのこと。

時代の変化を感じます。

昔は、ヒストリーと、今現在書いているテキストが同期されていて、アクションについては、非同期でした。

今回のアップデートで、スナップという機能を生贄に捧げることによって、ついにアクションまで同期されるようになりました。

iPhoneで入れたアクションが、iPadで入っていなかったり、MacBookで使えなかったりするのが面倒くさかったので、ちょうど良かったです。

iCloudで同期されないアプリは使いづらい

最近は、iPhone、iPad、Macで横断的に使えるアプリを好んで使うようになってきています。

昨年度のアップデートでは、iOSのアプリをMacで使えるようになっていたり、今年のmacOSのアップデートでは、macOSにショートカットが実装されたりする予定です。

端末としての存在価値は違うけれど、ソフトウェアとしては、どの端末でも同じようなことができるようになっていく。

そうすると、一つの作業を、場所だったり、シチュエーションに応じて、端末だけ切り替えて作業を続けられるので、とても便利です。
エスカレーターで待っている最中はiPhone。電車で移動中はiPad。カフェで席についてじっとしている時はMacBookなど。

そんな中、作業内容が同期されなかったり、設定がバラバラだと、引き継いだ先で作業がやりづらい。
Textwellは、アクションが端末によってバラバラだったので、iPhoneからMacBookに作業を移した後、『あ〜iPhoneでXXXやっとけばよかった...』ということがよくあった。

今回のアップデートで、そういったことがなくなったので、非常に快適です。

外部に保存したテキストデータも同期されると良いが...

Textwellに関しては、結局、ファイルの保存、管理ができないので、同時に何個もの文章を仕上げるのが難しい。

ブログ記事のアイデア出しをしておいて、しばらく寝かせておくときに、それがヒストリーに隠れていると、その記事のステータスがなんなのかわからない。
というか見つからない。

なので、外部に保存できるサービスが欲しい。

ヒストリーに加えて、アクションまで同期されるようになった今、保存する外部のストレージ的なものも、ちゃんとiCloudを通して同期してくれると良いです。

とはいえ、スナップも生贄に捧げられた今、Textwellのコンセプト的に、今後ファイル管理が実装されるわけもなく、自分で何かしらを見出さなくてはいけない。

外部のウェブサービス的なものを使っても良いが、サービスが死ぬと困るので、できればAppleの純正か、それに近しいものが良い。
とすると、ショートカットで何か組むか、Pythonistaでなんやかんやするか。

実は、Pythonistaでちょっと作ってみてはいるので、時間見つけて後日紹介します。
uiの設定謎すぎて困った。