好きなものだけ詰め込んで、
好きなところへ
- Gadget Camera Camp Leather -

毎朝、朝日を浴びて起きる生活を。SwitchBotのカーテン自動開閉ロボットをついに導入

   

5Q5A3266

寝る時は、部屋を真っ暗にするため、カーテンを閉じる。朝は朝日を浴びるためにカーテンを開ける。
人間が、外の明暗を感じ取り、人間として生きていくために、大事なルーティン。それが、カーテンの開け閉め。

夜って、部屋を暗くして寝たいですよね?光がちらつくと、なかなか寝付けないなんて人も。

しかし、朝にはカーテンが開いていて欲しい。朝日が入ってこないと、朝起きれない。目覚ましが鳴っても、びくともしない。
だから、しぶしぶ、朝日がちょびっと入ってくる分だけ、カーテンを開けて寝る。
そんな感じの人、多いんじゃないでしょうか?

夜は真っ暗、朝は朝日ガンガン、そんな願いを叶えるのが、SwitchBotのカーテン自動開閉装置です。
SwitchBot カーテン 自動 開閉 スイッチボット カーテン スマートホーム アレクサ - Google Home IFTTT イフト Siri LINE Clovaに対応 遠隔操作 取付簡単 充電可能 I型レールに対応 8kgまで対応

導入して、かなりQOL的なものが上がりましたので、ご紹介します。

SwitchBotのカーテンとは

5Q5A3268

さて、SwitchBotのカーテンが、どんなものかというと、上記の写真のようなもの。
カーテンレールにこの機械を取り付けると、好きな時、好きなタイミングで、カーテンを自動で開閉してくれます。

SwitchBot カーテンとは、今あるカーテンレールにワンタッチで取り付けるだけで、既存のカーテンを簡単にスマートにアップグレードしてくれる、SwitchBotシリーズの集大成作です。
via Amazon.co.jp: SwitchBot カーテン

また、Alexa等の、Amazon Echo群とも接続可能です。例えば、「アレクサ、寝室のカーテン閉めて」とAmazon Echoに向かってしゃべれば、勝手にカーテンを閉めてくれるということです。

もちろん、時間指定で、このロボットを動作させることも可能です。
18:00にカーテンを閉めて、朝の7:30にカーテンを開ける、と設定しておけば、自分では何もせずとも、勝手にカーテンが開閉されます。

ありがたい。

対応しているカーテンレールも幅広い

5Q5A3269

カーテンの開閉が、自動で動作する仕組みは単純。このロボットが、レールに沿って、反復横跳びするだけです。

カーテンレールを取り付ける側は、上記写真のようになっています。
横のローラーを、レールに嵌めれば、中央にあるホイールで、レールを滑走するという寸法。

Dingtalk 20210415121046 jpg
2 1 1200 900 17b5fe55 554f 41aa 8c28 8a3f745450eb jpg
via SwitchBot(スイッチボット)カーテン|今あるカーテンをスマートにする

基本的に、どの家にでもあるようなレールは対応していると思うので、安心です。
ちなみに、僕のいえば、Uレールでした。

実際に家のカーテンに取り付けてみた

5Q5A3271

取り付けは、10秒(初回は、説明書見ながらなので、3分くらい?)
パチっとカーテンレールにロボットを挟み込むだけです。

5Q5A3272

両開きのカーテンを、片開きに変更するクリップもついています。
こいつを、両方のカーテンがちょびっと重なるように止めてあげると、両開きのカーテンが、片開きカーテンに変わるというわけ。なので、ロボットも一個で済みます。

ちなみに、豪邸でカーテンを両開きのままにしたい人は、ロボットを2個使って、自動開閉させることも可能です。
その場合は、2個がちゃんとリンクするようになっているとのこと。

アレクサに声を掛ければ、一瞬で開く

家に4匹アレクサがいます。
彼らに喋りかけて、カーテンを閉めてもらいました。

DSCF6354

そうすると、こんな感じに開いていたカーテンが。

DSCF6355

手も何も使わずに、スルーっと閉まっていきました。

開閉スピードは、ボチボチといったところ。爆速ではないが、イライラするレベルの遅さではないです。

音に関しては、ちょいと響く。繊細な人は、この音で目覚める可能性もあるかも。
僕の場合は、何しても起きないので、全然気になりません。

まとめ

SwithBotのカーテンロボットを使って、家のカーテンの自動化をしました。

割とルーチンワークとなりがちなカーテン開け閉め作業をしないだけで、こんなにも晴れやかな気持ちになるとは思っていませんでした。

また、寝るときに真っ暗、朝は朝日を浴びる。という理想的な環境を構築できたので、非常に満足です。

購入して気づいたこととして、タッチアンドゴーという機能と、電池は充電式ということがありました。

タッチアンドゴーというのは、ロボットがついた状態で、軽くカーテンを引っ張ると、あとは自動でそっち方向に進んでいってくれるもの。
喋りかけるよりも、カーテンを掴んだ方が早いときに使える機能で、結構感動しました。

もう一つの、電池は充電式ということに関しても、長く使える良い機能と思いました。ソーラーパネルとくっつくようなので、本当に永久にカーテンに触らなくて良い人生が訪れるかも?

実は、家の中のやり取りを、全自動にしたいと目論んでいる中で、カーテンは優先度が一番低かったんです。というか、最後?
だけども、意外にも、導入してよかったと思えた、良い製品でした。

導入も簡単なので、気になっている人は、使ってみてください。