GarretCafe

こんなご時世こそ、自分の考えを書いてみよう

『ショートカット』アプリでInstagramへ投稿するときは、キャプションに記入した文章はクリップボードに行く

      2021/05/23

Instagram 1789189 1280

最近、ブログ用のInstagramアカウントを作成しました。基本的に、毎日投稿するようにしていています。
このブログ用にInstagramを始めました

始めたのはいいものの、写真にハッシュタグをつけるために、毎回色々と入力をするには面倒くさいので、自動でハッシュタグを呼び出せるようなショートカットを作りました。
そちらは便利で毎回使っています。
iPhoneの『ショートカット』アプリを使って、ウォーターマークを写真へ自動で入れてInstagramへ投稿する

今回は、上記のショートカットを作るにあたって、引っかかった部分を記載しておきます。

Instagramのキャプションの扱いについて

『Instagramへの投稿』ショートカットの中に、キャプションを設定できるパラメータがあります。

そのパラメータの扱いが若干特殊なようで、引っかかりました。

なにが特殊かというと、キャプションに入力したテキストは、クリップボードに保存されるという点。

Camtemp

上記の写真(下記リストの順番)の通りの順番で、クリップボードにテキストを保存すると、最終的にキャプションに入れたテキストがクリップボードに保存されます。

  • クリップボードへのテキスト保存
  • Instagramへの投稿のキャプションへテキストを設定

Camtemp

反対に、上記のような順番(下記リスト)でクリップボードにテキストを保存すると、クリップボードに保存したテキストが、最終的にクリップボードに保存されます。

  • Instagramへの投稿のキャプションへテキストを設定
  • クリップボードへのテキスト保存

まとめ

ということで、注意が必要です。

キャプションに文字列を設定しても、全然Instagramアプリ内のキャプションに文字列が挿入されないので、なんか不満に思っていたのですが、クリップボードに保存されるという仕様のようです。

いつか変わると良いですね。