GarretCafe

こんなご時世こそ、自分の考えを書いてみよう

                            

初めてジンバルカメラを買うならOsmoPocketよりもFimiPalm!広角だから使いやすい!そしてなにより安い!

5Q5A6495

ジンバルカメラって知ってますか。ジンバルという摩訶不思議な仕組みを使って、手振れを無くしてくれるカメラです。最近はYoutubeなどの台頭もあり、主に動画面で頭角を現しています。

すごいんですよ。iPhoneとかで撮ったビデオと比較すると、ありえないくらいスムーズに動画がヌルヌル動くんです。iPhoneで撮った動画しか見ていないと、特に気にならないかもしれないですが、比較するとえらい違いです。
面倒くさいので、比較動画は撮っていないので、どこかのサイトで比較動画を見てみてください。びっくりします。

さて、そんなジンバルカメラなのですが、現在の主流はFimiPalmDJIのOsmoPocketの2つに分かれています。OsmoPocketはドローンで有名なDJIが出しているジンバルカメラで、FimiPalmは中国で作られているジンバルカメラです。

OsmoPocketの方が先に市場に出て、FimiPalmが後追いで出てきた、と言う感じですね。

そんな、ジンバルカメラを初めて購入するにあたって、どっちがおすすめなの?ということを、書いておこうと思います。

FimiPalmは鬼安い

5Q5A6497

OsmoPocketは、しっかりしたメーカーがしっかり作っているので、4万円とかなり高額です。対して、FimiPalmは、普通のメーカーがしっかり作っているので、なんとOsmoPocketの半額で買えてしまいます。
これはすごい。ジンバルカメラってどんなん?ということで、試しに購入してみるコスパで考えたら、断然FimiPalmです。

(で、使い心地がわかってきたら、FimiPalmを売って、OsmoPocketを買う。そんな流れですかね)

OsmoPocketの半額で買えるからといって、機能面で心配することはありません。しっかりと手振れはなくしてくれますし、顔の追っかけ録画も良い精度でやってくれます。

FimiPalmは広角レンズだから、広い範囲まで写せる

5Q5A6498

FimiPalmは、OsmoPocketより広角のレンズを採用しています。広角というのは、要するに広い範囲の動画を取れるということです。Vlog的に使うならば、行った場所の風景が広い範囲まで写るので、動画をあとで見返した時に、どんな雰囲気だったのかが、わかりやすいということです。

もちろん、撮る対象が定まっていて、確固たる意思を持ってOsmoPocketを選択するのも良いと思います。ただ、写る場所が狭いので、カメラの使い方(写し方)にも少しコツが必要になります。

総合的に見ると、初挑戦はFimiPalmに軍杯がある

安い×使いやすい=初心者におすすめ

この方程式はどうやらジンバルカメラにも当てはまるといっても良いようですね。
僕もFimiPalm使っていますが、必要十分な条件が揃っているので、余程メディアにこだわりがなければ、OsmoPocketではなくてFimiPalmを購入するということで良いような気がします。