GarretCafe

楽に生きる.心と持ち物,手ぶら生活のすすめ

                            

Apple WatchのベルトにKnotのベルトを使うという選択肢

Apple Watchの楽しみの一つにベルト(バンド)の付け替えというものがあることは言うまでもない。ボタンを押す動作のワンタッチでベルトが外れ、その日の気分によって好みのベルトに付け替えられる。

発想はとても素晴らしいと思う。僕も飽き性な方だし、色々なベルトを使ってみたい。

ただ、毎日Apple Watchのベルト変えている人がどれくらいいるのだろうか。僕の周りでもApple Watchを使っている人はたまに見かけるが、その全ての人が毎日同じベルトをつけている。そしてそのほとんどの人がデフォルトのラバーバンドのまま使っている。

同じベルトを使い続ける理由として、 Apple純正のベルトが高すぎて購入する意欲がわかないというのがあるように思う。例えば、 Appleストアで売られている、革製のベルトはなんと15000円もする。今時Apple Watchが30000円くらいで買えるのに、なぜその半額を出してベルトを買わなければいけないのだろうか。正直意味がわからない。
もちろんナイロン製のベルトとかは5000円で売られているので、気軽に付け替えることもできなくはない。

Apple純正は高いからと非純正に足を広げてみると、Amazonなんかでは1000円ちょいでベルトが売られていたりする。僕も以前Amazonで革ベルトを買ってみたりしたものの、安っぽさが前面に押し出されていて、使用を数日で断念した過去がある。
(Amazonで買ったミラネーゼループのバンドはとても良くて、かなり長いこと使ったけどね)

Apple Watchに黒ミラネーゼループを格安で装着してみた

そういうことで、ベルトのしっかり感値段を両方兼ね備えたベルトを探していたところ、いいものを見つけましたので紹介します。灯台下暗しとはこのことだ。

Knotのベルトを流用する

Knotとは吉祥寺で生まれた時計のブランドで、文字盤やらベルトやらを組み合わせて自分なりの時計を作れるお店です。 僕も良くお世話になっておりました。

Maker’s Watch Knotは、品質とデザインに優れたメイド イン ジャパンのリストウェアを、1万円台からカスタムオーダーできる、革新的なブランドです。
10,000通り以上の組み合わせの中から、貴方だけのお気に入りのリストウェアがきっと見つかります。
(via. Knot(ノット) | 品質とデザインに優れたメイド・イン・ジャパンのリストウェアブランド)

このブランドは、Apple Watchと同じようにベルトの付け替えを簡単にできることを謳っていますのでちょいちょいと工作をすれば互換性を持たせられるんじゃないかと思ったのが始まりでした。
そしてやってみたところ実際にできました。

作り方

特に難しいことはありません。

必要になるのは、Apple Watch用のベルト金具と、Knotのベルトのみです。

Knotデフォルトの金具を引き抜く

最初からベルトに入っている金具を引き抜きます。左が金具を抜く前、右が金具を抜いた後です。

Knotのベルトには2パターンあって、簡単に抜けるものとそうでないものがありますのでご注意ください。上の写真のやつは簡単に抜けない方です。20分くらいゴリゴリ引っ張りました。
革を多少引っ張りながら出っ張りを穴の中に突っ込んで、左側からピンを右側に押し込むとそこそこ楽に取れます。

あとベルトが1枚革でとかでできている簡単に抜けるやつはApple Watchのセンサにかぶって心拍数とかが測れなくなるので注意してください。

用意しておいたApple Watch用の金具を持ってきます。僕のApple Watchは38mmサイズなので、38mm用の金具を買いました。
38mm用のやつで、ベルトを通す部分の幅は一番小さいのでも20mmなので、NATOの18mmサイズで作られているKnotのベルトには若干大きいです。言っても2mmなのであまり気にならないはずです。

金具にベルトを取り付けます。

いい感じ。隙間もあんまり気にならない。

最後にApple Watchに取り付けて工事完了。安っぽさが全然感じられなく、思ったよりもいい感じです。嬉しい。

まとめ

Knotは色々なベルトを出しているので、自分の趣味合うベルトを簡単に見つけてApple Watchに使えますね。
そして見た目がとてもよろしい。人とかぶらないというものまたいい。
たまに限定品とかもありますし。

Apple Watchのベルトにお困りの方は試してみると吉かもしれません。