GarretCafe

楽に生きる.心と持ち物,手ぶら生活のすすめ

      2015/12/31  

iPhoneの容量がいっぱいになってきたら写真を全部Flickrへ預けてスペースを確保しよう

iPhone5になってからカメラの画質が向上し、どこでもいつでも超きれいな写真を撮れるようになりました。起動も速く、何でも残せてしまうので、いつの間にやら容量が一杯に。しかもiPhone5らへんは一枚一枚の容量がすこぶるでかい。
設定画面から使用容量を見ればわかると思いますが、あんまりアプリを入れてないのに限界容量ぎりぎりの人は、意外と写真のせいでぎちぎちになっているかもしれません。


そんなとき、もしかしたら、パンパンになったカメラロールから必要なものだけを残し、あんまり見ないものはFlickr上に預けると言う風に分けると、とってもすっきりするかもしれまん。

とりあえず使うのはこいつ。自動アップロードが便利です。

Flickring for Flickr
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
価格: ¥300

まずは設定から

IMG_9545僕はこんな感じにしています。
公開範囲はカメラロールの代わりにするつもりなので『自分だけ』に設定。自動アップロードはホットスポットを事前に設定しておくと、その場所についた時にバッックグラウンドでアップロードを開始してくれます。僕は家などを登録していますが、家にいる時は必然的にWi-Fiに繋いでいるので、『Wi-Fi接続のみ』にしています。これのおかげで3gによけいなトラフィックをかけずに済みます。

事前アップロード

自動アップロードは現在の分からの差分しかアップロードしてくれないので、今までの分は手動でアップロードします。
やりかたは至って簡単。アップロード画面からカメラロールに入り、中身の写真を全選択してアップロードするだけ。あとはすべてのアップロードが終わるのを待つだけ。
でも意外とこれが長い。僕は丸3日かかりました。

IMG_9539自動アップロードはこんな感じ。
家に帰ったら一日取りためた写真を勝手にFlickrにあげてくれるので、すごい簡単にカメラロールのお掃除をしやすくなります。
消してもまだ残っているという安心感があると、写真整理も捗るものです。

ちなみにFlickrにあげた写真の整理や閲覧は、後日紹介しますが

FlickStackr – Flickr
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
価格: ¥200


こんなのを使っています。大体なんでもできますし、iOS7に対応してからアイコンも中身もおしゃれになりましたので、大分メインで使いやすくなりました。