GarretCafe

楽に生きる.心と持ち物,手ぶら生活のすすめ

      2015/12/31  

オフライン環境でDraftPadのテキストデータをiPhone、iPad間でやり取りする方法


photo credit: fiddle oak via photopin cc

明日からSoftBankでよテザリングが開始されますね。だから必要なくなると言えばそうなんですが…… 必要なくなりますね……。
でもテザリング有りのサービスで契約しない人もいるだろうとは思うので、一応書いておきます。(書いたと思ってたら全然書いてなかった)
DraftPad 1.6.2(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Manabu Ueno – Manabu Ueno(サイズ: 0.6 MB)
全てのバージョンの評価: (482件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

エディターを凌駕したエディター、DraftPad | GarretCafe
流行りは追うものではなくついてくるものだっ 大衆社会、乗るしかねぇこのビックウェーブに(ドンッphoto credit: Marwa Morgan via photopin ccこんにちは、ひょさか(@Nu0hH)です。明日書くと言っておきながらこの始末、ホントウに何を書けばいいかわからなかったのです。だってこのアプリ、凄すぎるんですもの。DraftPad 1.6.2(無料)カテゴリ: 仕事効率…

仮定

WiFi環境がないところでの想定なので、GoodReaderのプライベートアクセス系はなしという方向で考えると、とりあえずDraftPadのテキストデータをGoodReaderへ移して、jpgファイルとかに変換してから、Bluetoothで画像を飛ばせるアプリで移動させる方法が1番楽かなと推定。

しかし、しばらく後にテキストデータをそのままファイルとして送信できるアプリがあったのを思い出したので、そちらへ変更。
使うアプリはぱっと転送というアプリです。このアプリは、zip、text、jpgなど結構なんでもBluetoothで飛ばせる他プリなので、GoodReaderと共にもっておくとかなり便利です。(脱獄してたらifileで一元管理できるから便利なのですけど、iPhone5はしなくてもいいくらい汎用性が高いですからね。)
ぱっと転送  File Transfer 1.3.0(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: Forval Telecom, Inc. – Forval Telecom Inc(サイズ: 11.2 MB)
全てのバージョンの評価: (125件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

GoodReader for iPhone 3.18.7(¥450)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Good.iWare Ltd. – Yuri Selukoff(サイズ: 28.4 MB)
全てのバージョンの評価: (5,694件の評価)


これを持っていなければiPhone生活が始まらないと言っても過言ではない神ファイラーアプリ『GoodReader』 | GarretCafe
流行りは追うものではなくついてくるものだっ 大衆社会、乗るしかねぇこのビックウェーブに(ドンッphoto credit: Kasaa via photopin cciPhoneにアプリ多しといえど、その中でもユーザーに使われているであろうものはごく一部であろうと思います。しかもその中で神アプリと多くの人に認められるアプリはそうそうあるものではないでしょう。が、しかし、今回紹介するアプリは長い間の…



さて、転送一連の動作はDraftPad→GoodReader→ぱっと転送→GoodReader→DraftPadというふうにします。

やってみる

IMG_4564.png
インポート
このDraftPadのアシストを使ってDraftPadのテキストをGoodReaderへ一回飛ばします。公式ライブラリーにもあります。

……え? いや、まぁ冷静に考えればそうなのですが、完全に忘れてました……
できるものはしょうがない、手順を変えましょう。DraftPad→ぱっと転送→DraftPad! なんて素晴らしい連携!美しい。

IMG_4565.png

IMG_4568.png
受信側は受信のボタンを押して待機します。
これでうまく通信できれば、確認ボタンが出て通信できます。

ここからはテキスト転送された端末での操作になります。
IMG_4567.png
基本的にはさっきの逆回りになります。

IMG_4571.png

IMG_4570.png
ひらけましたね!
これでオフライン環境でテキストデータを相互に移行できます。

Bluetoothでテキストデータ以外でも転送できるということは、テザリング環境で上げでダウンロードする二つのパケット通信料がかからないということなので、テザリング組もこれをうまく使えば限りあるパケット量をうまくコントロールできるかもしれません。