GarretCafe

楽に生きる.心と持ち物,手ぶら生活のすすめ

      2015/12/31  

高画質!速い!次世代無音カメラはOneCamだ!

FancyCamに続き、無音カメラ探しの旅に出ていました。
別にやましいあれじゃないけどシャッター音って気まずいですよね。

なんでだろう。

OneCam(マナー・連写) 〜フリックで簡単シェア〜
カテゴリ: 写真/ビデオ

そんなこんなで特徴

  • 高画質
  • シャッター音がしない
  • 簡単にシェアできる
  • 露出とピントを別々にあわせられる
  • 高機能な光学ズーム

ここら辺がまず浮かびます。

とりあえず使ってみたらこんなかんじ

IMG_9955撮影画面。
ここから左右スワイプで特定のアプリに撮影した写真を飛ばしたりできます。

また、下の方のバーでズームが出来ます。
どうやらこのアプリのズームは特別製なようで、かなり細かいとこまでくっきりと写してくれるようです。

IMG_9956画質の調整も出来ます。

このアプリはiPhone5の最高画質で撮影可能なようです。
よく知らないけれど。

とりあえず僕はこの設定でいつも撮影しています。

IMG_9958こちらが設定画面。

ズームはオンにして使っています。

後述しますが、現在僕はマニュアルモードはオフで使用しています。

IMG_9959マニュアルモードをオフにしている理由、それはちょっと操作が面倒くさいから。

僕が愛してやまなかったマナーカメラもほとんど同じような操作方法でした。しかし、ほんの一手間。ホントに些細な操作性に違いで、この機能をオフにせざるを得ない事になってしまいました。

OneCamはマニュアルモードで撮影する時、画面を一回タップすると、その部分にピントを合わせてくれます。でもこの時、露出は真ん中にあったまま動かないようになっています。これが面倒くさい。

毎回毎回露出と焦点を別々にして撮影する訳ではないのに、マニュアルモードに設定してしまうと、二回操作をしないときれいな写真が撮れない。まぁマニュアルモードだから仕方ないのかもしれませんが。

その点マナーカメラは優秀で、一回タップするとその部分に焦点と露出を合わせてくれ、必要ならばそこから露出だけを移動させたり、焦点だけを移動させる事が出来るようになっています。
必要のない時は普通に撮影できるし、こだわりたい時はこだわれるその使用感は逸脱でした。

OneCamも嫌いじゃないんだけれども、マナーカメラを知ってしまった僕としてはちょっと惜しい。

IMG_9961撮影するとこんな感じになります。

音がでないのってホントにいいですよね。

とりあえず現在はホーム画面においてメインで使っています。

これからちょっと期待する事

UIがもう少しiOS7っぽくなってほしいなと切実に思いました。ホントに。使うたびに寂しくなる。

なんか言いたい放題言った感がありますけれど、メインで使っているカメラアプリだからこそ、ちょっとした部分が気になってしまうものなのです。
でも、無音カメラをお探しの人には自信を持ってお勧めできますので、是非使ってみてください。