GarretCafe

楽に生きる.心と持ち物,手ぶら生活のすすめ

      2015/12/31  

超ウルトラ激辛っ!!!蒙古タンメン中本の冷やし味噌ラーメンを食べてきた

寒い、寒いぞ、このごろさむすぎる。なにか暖かいもの… そうだ辛いものを食べようっ! 実際、こんなやり取りはなかったですが、辛いラーメン、もといタンメンで有名な蒙古タンメン中本へ行ってきました。

今回行った場所は西新宿の店舗、少し早めの時間に行ったのであまり混んでいませんでした。


店主さん紹介と、ご説明が書いてあります。 寒いからさっさと中へ入ります。

頼むのはこれ、冷やし味噌ラーメン 。 炎の数が10個あり、それが辛さの度合いを示しています。この冷やし味噌ラーメンはそのうちの10です、1番辛いやつです。 券売機にもキチンと『激辛』と書いてありました。
店内は少し混んでいたのでしばらく待ち、数分してからやっと席につけました。 お客さんが頼む商品はだいたい北極(炎9個)か蒙古タンメン(炎5個)っぽく、また、店員さんが通路を通ってラーメンを運ぶ度に、辛い匂いがしていました。これはやべぇ…となりつつ待つこと十数分、やっとラーメンが届きました。


赤いっ! 赤いぞこれは…… ドス赤い… とはいっても、想像してたよりはそんなに赤くもなく、匂いもそんなに辛くはない。

中にはニンニクがとバラ肉が入っています。
では実際にいただきます。

結果は……むせたっ、すごいむせました。むせにむせました。 ほんの少ししか汁を麺につけてないのにもかかわらず麺を全部口にいれきることができませんでした。 そして恐ろしく辛い、いや、辛いというレベルを越えているだけではなく、もう何がなんだかわからないレベルです。 恐ろしや中本。
赤外線が生物的に人間に見えないようになっているのと同様に、筆者もこの辛さは人体が受け付けられないレベルの辛さでした。だって口の中に入れることができないのですから。 それでもなんとか頑張り最後まで食べきりました。いやぁ~辛い!
でもバラ肉同様、汁に少しだけつけるならばとても美味しかったです。 それでも恐ろしく辛いのですが。
〆として『定食』という名の麻婆豆腐を頼み出てきました。

筆者は辛いのはダメな方ではないのですが、それでもここの冷やし味噌ラーメンは超激辛でした。 一緒にきていた知人が食べていた普通のタンメンはタンメンなのにニンニクの味がすごく良くでていてとても美味しかったので、こんどはそれの少し辛い位置づけであろうお店一押しの『蒙古タンメン』を食べにこようかと思っています。
みなさんも怖いもの知らず、辛いもの知らずの方は是非一度蒙古タンメン中本に行ってみてください。