GarretCafe

楽に生きる.心と持ち物,手ぶら生活のすすめ

      2018/08/18  

プエブロレザーの塊!sotのカードケースの購入レビューとその後のエイジング

昨日プエブロレザーでできたsotのクラッチバッグの購入レビューをしました。本日はプエブロレザーでできたカードケースの紹介です。

なぜクラッチバッグを買った後にすぐにカードケースを購入したのか。それはプエブロレザーのエイジングをもっと見たかったから。
バックって大きいからなかなか中に入れてるものの跡がつきにくじゃないですか。お財布のカードの部分が膨らんだりするアレです。バックでそれがつくのはいつになるのやら待てなかったので、かなり早く跡がつきそうなカードケースを購入したのです。

ただ、あまり持ち歩かないので結果的にはクラッチバッグよりエイジングは遅くなりそうですけどね。

あと別の色を見てみたかった。

明日紹介するプエブロレザーのコインケースと比べるとこんなに色が違います。コインケースの色はクラッチバッグと同色です。違う色ならどんな風にエイジングするのかなぁと思ってカードケースを買ったのです。

ただ、突然出てきたコインケースを見ればわかる通り、カードケースを使わなさすぎてエイジングしなさそうだったので結局コインケースまで買ってしまったのです。
いとおそろしや。

購入レビュー

外観はこんな感じです。カードケース自体を今まで使ってこなかったので普通と比べられませんが、特に尖った設計を持つカードケースではなさそう。

表面はこんな感じ。クラッチバッグのレビューでも書いた通り、和紙のようにかなりザラザラしています。

開いたところ。1ポケットに1枚のカードを入れて、17枚入るようになっています。
中まで全てプエブロレザーなので、この革が好きな人にはたまりません。どこを開いてもプエブロ。もはや塊。発狂しそう。

ホックにはイタリアのFIOCCHI社のものが使われているため、かなりスマートに見えます。

そして何より開閉時の音がたまりません。ホックを押す時にヌルッと入っていき、そこを通り抜けるとパチっと小気味のいい音が鳴ります。
最高です。何回も開閉したくなる。

実はクラッチバッグにも内側のポケットの被せの部分に使われています。正直邪魔だけど。

ロゴマークも鳥で意味わかんないけれどもそれすらもオシャレに見えてくる。それがプエブロレザー。

sotのプエブロレザー製品には必ず用いられているジャガード生地の裏地もちらっと見えています。個人的にかなり好きな布なので、チラッとでも見えているだけで気分は高まります。

カードケースのエイジング

気になった時に随時カードケースのエイジングの状態を更新していきます。

購入時

この夏の新作って感じの新しさ。