GarretCafe

楽に生きる.心と持ち物,手ぶら生活のすすめ

                            

ベトナム旅行【9日目】


ダナンの起床は遅い。

起きたらダナンからニャチャンに行くための電車を予約するためにダナン駅に向かった。窓口で並んでいたのだが、整理券が必要だったらしく追い返されることに。
ダナンからニャチャンへは9時間もかかるのに、なんと寝室は満席。詰んだと思いつつもしょうがないので予約した。

明日心配になった。

無事予約できたので、近くにあった自販機でミネラルウォーターを購入。ベトナムにも自販機あるんだと感心していたらお釣りがコインだったのでますます驚いた。現在のベトナムではほとんどの金額がお札によってやり取りされているからである。

そっからは朝ごはんを食べにビーフシチュー屋さんを探しに行った。近くにあったのでそこに入ったが、味は至って普通だった。そしてやっぱりパクチーはそんなに得意でないことを再確認した。

宿のチェックアウトを済まし、海の近くの喫茶へ。そこでパッションフルーツのジュースを飲みながら供設されていたおみやげ屋さんでカバンを買った。
木でできているちょっとおしゃれなバックだったので、速攻で買うことにした。

ここからはタクシーでホイアンへ。

明日またダナンから電車に乗るためにここへ帰ってくるのでそんなに悲しいことはない。

ホイアンへはタクシーで30分、だいたい400000ドンくらいかかった。

チェックインまで時間があったので、近くのマーケットを散策しつつ、有名なホワイトローズが売っているお店へ行くも、お店が変わっていたのでそこで食べた。

ホワイトローズ、もちもちしていて美味しい。ただ高い。

ホテルへチェックインした後は、さらに散策開始。ここホイアンはベトナムの中ではかなり整備されているからで用で、日本で言えば京都的な雰囲気が漂っていた。
とてもきれいで過ごしやすい場所です。川と海が合わさったベトナムのベネチアとも言えそうな勢い。

しかし最初こそとてもいい場所だなと思ったのだが、歩くについれてベトナム特有の熱気、勢いがあんまりない街だなと感じるようになり、物足りなくなっていった。悪い街ではないが、観光客向けの土地なのだろう。
おみやげも高いしご飯も高い。

カフェでケーキを食べて休んだ後、しばらく歩いていると、風が冷たくなって雲行きが怪しくなってきたのがわかった。お店の人も店前を少し片付け始め、スコールが来るんじゃないかと不意に思った。

そっからの行動は早く、近くにあったカフェに入ってビールを飲んでいたら、程なくして大雨が降ってきた。
ホイアンは観光客が多く、そういった雨に慣れていない人も多くちょっと先手を打てた感じあって小さい優越感に浸ることができた。

雨が止んだらホワイトローズの製造元に行ってホワイトローズや揚げシュウマイを食べてきたが、どれも味は同じで高いしそんなに感動はなかった。そして日本人客しかいなかった。さすがガイドブックにデカデカと載っていることだけはある。

帰りはタクシーに乗ってナイトマーケットの近くにきた。提灯がきれいでディズニーっぽさを感じたが、きれいなだけで熱気は感じない。

早めに退散し、宿の庭でビールを飲みながら知人とお話ししてそのまま寝た。

今までのホテルの予約は全部Airbnbというアプリを使って予約しています。

今後詳しく紹介すると思いますが、こちらから登録すれば3500円分のチケットがもらえますので、ご活用ください。ベトナムだったら3泊はできます。