GarretCafe

楽に生きる.心と持ち物,手ぶら生活のすすめ

      2016/09/07  

貧乏人や学生もオススメ、アポ無し格安ベトナム旅行紀【2日目】

まず起きたら朝食へ向かう事にしました。
途中にあるホアンキエム湖の散歩から始まって、知人が絶対食べたいと言っていたハノイで1番有名だというフォーティンというフォーのお店に行きました。
これがまじ上手くてビックリ。出てきたフォーにライムを搾っていただくとかなりの美味です。正直かなりおどろきました。しかも300円くらいだった気がします。

食べ終わってからどこ行こうかと悩んでいたら偶然見つけた女性博物館へお邪魔。20000ドンでした。

収容所と大聖堂もちょいっと見る。

疲れたので初めてのカフェで噂の練乳コーヒーを頼む。ベトナム人はみんな大好きらしいが、ちょっとよくわからない味がした。まずくはないが、調和している感じが全くなくすごい浮いている。
6日目からちょっとずつはまっていった。

一回ホテルに戻って休憩後、チェックアウトしてからホーチミン廟に向かいましたが、少し様子が変でした。いろいろ調べてみると、この日、9月2日は独立記念日ということで、ベトナム全体が祝日のお祭り騒ぎ状態になっていたのでした。この日の夜はものっそい楽しかったのは言うまでもありません。

中は入れなかったので、ホーおじさんの家や博物館も見ませんでした。

脚が限界にきていたのでお昼を食べようとしまして、近くにあるAsima6という店に向かいましたが、店前に【マツタケ6年目】と日本語で書かれていたので怖くなってパスし、反対側にあったお店に入店しました。

このお店ではお客さんがやたら鍋を食べていて、すごいいい匂いがしていました。食べているのを指してこれをくれと言い、出てきたのを食べると毛rがまたおいしかったです。
食後に飲んだ甘い紅茶も合わせて満足でした。

次のホテルにチェックインできる時間になったので、そちらに向かいました。AtriumHotelというホテルで超人気らしいのですが、偶然空いていたので利用させてもらいました。正直言ってまじでいいホテルでした。

両替からハロン湾のツアーの予約、洗濯、統一鉄道の予約、手紙の送付、全部やってくれましたし、安全面でもかなりよかったように思います。
シャワーも気持ちいいし最高です。
しかも2人で2300円なのでまじで神です。店員も神。
ステマみたいになりましたが、この先のホテルでここを越えるホテルはないと思います。

夜も更けてきて疲れを癒すためにベトナムで有名なエステやマッサージを体験したいと思い、いろいろな店を探して彷徨いました。その中でお値段もお手頃でなんとなく不安を感じさせないお店があったので、そこに入店。

60分の全身マッサージでお値段が240000どんくらいだった気がしました。内容はそこそこでした。ちっぷの相場が50000ドンらしいのですが、暗くてよく見えない部屋かつ慣れていなかったので、800000ドンが払ってしまいました。店員の人はめっちゃ喜んでいました。
WonderFootって名前だったと思います。

二軒目も行きましたがそれはここではなんとも言えないなんと内容でした。

帰ってきてからはホアンキエム周辺のカフェでハノイビールを飲んで2人でいろいろな語り合いました。

二軒目も行きました。
2軒合わせて30000どんくらいなのでホントにベトナムはリーズナブルです。

アトリウムホテルはまじで寝やすいので超ぐっすり眠れました。

1番歩いて1番ベトナムを満喫した日は間違いなく今日でしょう。