GarretCafe

いいモノを安く使いコスパを重視して生きていく人のためのブログ。お金がなくても楽しく生きていける。

                            

WWDC2016のApple Watchの最新WatchOS3の個人的なまとめ

IMG 0036

今年のWWDCは始まる前からろくな噂が立っていませんでしたが、最初から最後まで見てみて、なぜか印象に残ったApple Watchの部分だけ記事にしておこうと思います。
印象に残ったのはやっぱり最初に発表されたからなのかな。
あとお客さんの人の顔が死んでて面白かった。

まぁ色々書いても特に何もなかったように流れていくのだろうけど。

WatchOS3の目玉アップデート

おそらく明日(本日)ニュースの中心にいるのは以下の二つでしょう。

起動が早くなる

こちらはアプリをメモリーに残しておけるとか言ってたかな。
プレゼンの実機テストを見た感じはなかなかサクサクと動いていたように見えたけど、純正アプリだし実際にローンチされてみないと何とも言えないかな。
ただ前々からグダグダ言ってたようにApple Watchの一番の問題点だったので、うまくいけばもっとApple Watchを活用させることができる方法が見えてくるあと思います。

Scribble

Apple Watchの問題点の2個目が、入力方法が音声入力しかなかったという点。Siriにしろなんにせよ狭い日本では時計に向かってぼそぼそ喋りかけるのは若干の不審者感がすごいのでとてもじゃないけど実地で使うことはできませんでした。
でもこのScribbleという機能は手書き入力ができるようになるので、その点は解決するのかもしれません。
気になる点はやはり精度と速度。LINEのアプリもScribbleがうまく機能するようになれば結構使えるものとなるでしょう。
というか全体のアプリがかなり生きてくると思われる。


Apple Watchの2大問題点をしっかりと埋めてきた今回のアップデートで、Apple Watchは結構使えるものになると思ってます。
全てがうまく動けばね!

個人的にはウェルカム部分

上記は誰が見ても目玉アップデート、以下は僕から見た子目玉アップデート。

リマインダーアプリの追加

これだけは謎だった。なぜ今までリマインダーアプリがApple Watchになかったのか。
代わりのアプリはいっぱい試したけど今ひとつ納得するまでのものはありませんでした。
そこでこれ。動画を見た感じではサクサクでシームレス。なかなかイイ仕上がりのようです。

SOS

最近の情勢を踏まえてなかなか個人的に好きです。
一瞬でSOSを送れる。

なんかダブルクリックのやつ

バックグランドみたいに動かせるやつはイイと思う。
死んでいたボタンに新たな命を吹き込んでくれました。

車椅子対応

個人的にすごいと思う。
こういう万人に対応させていく姿勢がAppleのイイところだと思います。
ミニーとかどうでもいい。Apple Payもいいんだろうけど、日本では対応すらしていないからまだ実感がわかない。

アップデート実施は秋か。楽しみだな。

【追記】
MacOSもイイ感じでしたね。Siri対応とかピクチャインピクちゃとかクリップボードとかね。

【追記2】
iOSはどうだろう。10周年でこれはあまり力入れてないっていうのも納得かな。

HOMEははやく使ってみたい。

あとメッセージがハリーポッターみたいになっていて面白い。

通知センターのデザインは気にくわないけど、使いやすさは増していそうなのでオールオッケー。