GarretCafe

楽に生きる.心と持ち物,手ぶら生活のすすめ

      2015/12/31  

iPhoneで音がしない無音カメラをお探しならマナーカメラを使うべし


photo credit: kevin dooley via photopin cc

iPhoneで写真を撮る時に1番困るのはなんといってものそのシャッター音ですよね。脱獄しちゃってるならばいくらでもやりようはありますけども、やはりそこは改造無しでいきたいところ。
そこで使うアプリがマナーカメラというものです。
マナーカメラ-静音(+動映像) 2.9.0(¥170)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
販売元: Sangwon Park – Sangwon Park(サイズ: 4.9 MB)
全てのバージョンの評価: (2,108件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

使い方と設定

みればわかるであろう設定はこの通り。
IMG_4814
上級者モードは自分でピントや露出を決められるようにする物で、Camera+なんかに採用されている操作と同じ物です。
いつかCamera+についても説明したいものです。

無料版にくらべて、高解像度を選べるようになっています。
マナーカメラFREE-静音(+動映像) 2.9.0(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
販売元: Transhacker – Sangwon Park(サイズ: 4.9 MB)
全てのバージョンの評価: (6,160件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

IMG_4815
犯罪係数が大分高そうなこの機能は、ブラウザーでウェブを見ながら写真を撮れるという機能です。確かに長時間動画を撮る時になにか調べたいことがあれば便利ですが、これはそのためにあるものなのか疑わしいところです。むやみにこの悪の力を解放して捕まらないようにしてください。
プライベート保存庫まであるとはこれいかに……
IMG_4817
こちらは一般モードで写真を撮る時と、上級者モードで写真を撮る時の画面の違いです。一般モードは限りなく純正のカメラに近い操作性で、好感がもてます。

ちょい寄り道

iPhone5を使って純正カメラで写真を撮りカメラロールで閲覧すると、iPhone5の画面に比べて写真が正方形に近いので上下の、または左右の黒帯が多く見えていてみっともないものです。
ですがこのマナーカメラの設定で『一般画質』を選び、写真を撮るとiPhone5の画面にピッタリ収まる写真の形で撮ってくれます。(ワイドや高画質は純正と同じ大きさです)

ブログに載せる時もこのように横長の方がパソコンを使っている人には見やすいと思っているので、これば非常にありがたい機能です。

マナーカメラの一般

IMG_4818

純正の大きさ

IMG_4819
上の方が見やすいでしょう?(み、見やすいよね…(´;ω;`))

編集も楽チン

マナーカメラなら写真を撮った後の共有も楽チンなのです。
IMG_4816
撮影した後このように上向きにフリックすると、シャッと編集画面が出てきます。

IMG_4825
この画像のように編集でcamera+を選べばCamera+でサッとエフェクトをかけてバババッとマナーカメラに戻ってこれます。(もちろんcamera+をインストールしていないとできません)
もう一方を選べばマナーカメラ独自のエフェクトなどで編集することもできます。

まっとーーめ↑

一般モードと一般画質で撮影すれば、純正カメラにフルサイズ写真と無音がついたのと同様。上級者モードに高画質で撮影し、エフェクトをCamera+でやれば、Camera+に無音がついたのと同様に扱うことができます。
無音だけでなく、ハイスペックかつハイリスク(?)で汎用性高い高機能なアプリなので、是非使ってみてください。


ちなみにマナーカメラのURLスキームはmcam://となっています。LaunchCenterProなんかに登録しておくと便利かと思います。

iPhoneのランチャーはちょっと高くても絶対にLaunchCenterProを使うべし! | GarretCafe
photo credit: Johan Larsson via photopin cciOSでランチャーは必須!いや、フォルダーや見出しのままのアイコンこそ至高!iOSでランチャーを使うか使わないか、それこそ本当に賛否両論だと思います。しかし、今回、筆者は使う派の1人として少々記事を書かせてもらいます。最初は筆者も『メモリー余計に食うし、別に起動早くないし』とすねて使っていませんでした。それは機種…