GarretCafe

楽に生きる.心と持ち物,手ぶら生活のすすめ

      2015/12/31  

iPhoneのランチャーはちょっと高くても絶対にLaunchCenterProを使うべし!


photo credit: Johan Larsson via photopin cc

iOSでランチャーは必須!いや、フォルダーや見出しのままのアイコンこそ至高!iOSでランチャーを使うか使わないか、それこそ本当に賛否両論だと思います。しかし、今回、筆者は使う派の1人として少々記事を書かせてもらいます。

最初は筆者も『メモリー余計に食うし、別に起動早くないし』とすねて使っていませんでした。それは機種がその時代についていけてなかったからというのと、Activatorを使っていたという理由からです。
現在ではそのような脱獄環境ではないので、使用法は激変し、ランチャー使い始めるようになり、そして使い始めてからしばらく経っています。

使うなら絶対LaunchCenterPro!

ご存知な人もいるかもしれません。ただいまLaunch+とランチャー戦争の二大勢力として、しのぎを削っています。それこそ値段の問題でLaunch+(以下+)の方が優勢かもしれません。がしかし、まずもってランチャーアプリなんて二つ三つも必要ないと思います。そしてたぶん+を最初に買った人はLaunchCenterPro(以下Pro)を試すことなくランチャーなんてこんなものさと思いながら+を何年かは使い続けると思います。最初に170円と450円250円?の差をここでケチると+の作者が開発を中止するまで、下手すればiPhoneを使っている間ずっと+を使い続けるわけです。 ( ´ д`⊂彡☆))Д´)

(=゚ω゚)ノそんなことはどうでもいいんでとりあえず解説始めます。

Launch Center Pro 1.0.4(¥250)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: App Cubby – The Application Cubby LLC(サイズ: 18.2 MB)
全てのバージョンの評価: (83件の評価)

使い方!

IMG_4744

このアプリのすごい点の第一はまず、すべてのショートカットを一動作で実行できるというところにあると思います 。
ごらんの通り起動したらでてくるホーム画面にはアプリのショートカットとフォルダーがあります。アプリのショートカットの方は、タップすればそれが即実行されます。フォルダーの方は、開きたいフォルダーをドラッグで開いて、起動したいアプリまでスワイプするのです。このUIが恐ろしくすごい。便利すぎる。慣れればほぼすべてのアプリを一動作で開けるんです。
IMG_4745

その次の恐ろしいポイントは、URLスキームで何かを開く時、その起動時に何か好きなテキストデータを挿入できるという点です。
これのなにがすごいか、大げさにいえば、Quicka、検索ハブ、seeqなどの検索アプリまでを包括してしまうということです。(こちらの検索アプリ群もこちらでランチャーになろうと思えばなれる、ということは一応述べておきます)
画像を見てもらえばわかると思いますが、このように起動すると入力画面が出てきますので、そこにテキストを入力すると
IMG_4746
こちらのようにちゃんと起動と共にテキストが挿入されるのです。
すごいです。
クリップボードをそのまま挿入してくれるコマンドもあります。

小ネタ

これだけでも大概凄いのですが、他に筆者の超ビックリポイントがあります。それはTextExpanderが使えるということです。ランチャーですよこれ?ランチャーなのにTextExpanderが使えるって凄すぎだと思うんです。

テキスト入力時に便利すぎて困っちゃうアプリ『Textexpander』 | GarretCafe
photo credit: Amir Kuckovic via photopin ccテキストをガシガシiPhoneや、特にiPadで打ち込むには必須、というか無くてはならないアプリ。そしてまた、文章の入力時間を大幅に削減できるアプリこそがこれ、TextExpanderなんです。ブロガーの人は持っていないと損しているような気がします。TextExpander 1.2.7(¥450)カテゴリ: 仕事…

で、これを使った小ネタを一つ。
MyScriptsのスクリプトをアイコンにしてホーム画面に置いている人、またはランチャーごちゃっとぶっこんでいる人もいると思います。

myscripts://run?title=[prompt-num]

これを使います。この[prompt-num]というのは、proでURLスキームを起動した時にナンバーキーボードを呼び出すというコマンドです。
それで、TextExpanderに事前に対応するスニペットを登録しておきます。たとえばこんなふうに

まずもって..と二回続けてカンマを打つことはあんまりないと思いますので、たぶん誤爆はナイトオマイマス。心配だったら三つとかに増やしてください。


それで、URLスキームを起動するとナンバーキーボードが立ち上がり、テキスト入力を促されるので、すかさずスニペットを入力します。そうすると間髪いれずに変換されるので、そのまま実行するとMyScriptsで目的のスクリプトが実行されます。
どうでもいいけど夢が膨らみんぐでしょう!どうでもいい小ネタでした。


どちらにせよLaunchCenterProは便利なので是非使ってみてください。ただ、使いにくいと言われても責任は取れないのでそこまで押しはしません。自己の判断でよろしくお願いします。