GarretCafe

楽に生きる.心と持ち物,手ぶら生活のすすめ

      2015/12/31  

ロードや自転車のサドルの取り替え方


photo credit: [ changテウ ] via photopin cc

ブログ始めて以来、初の自転車ネタ。
ここで、少し筆者の使っている自転車についての説明を…
経緯とシリーズの歴史

1976年 – シマノ600(ランドナー向けのツーリング用パーツ):
1980年 – シマノ600EX(アラベスクパターンを特徴とした、古典的ツーリング&ロード用途):
1985年 – NEW シマノ600EX(ロードバイク入門-中級者向けコンポへとシフト):
1986年 – NEW シマノ600EX-SIS(インデックス機構を初採用):
1992年 – シマノ600アルテグラ(STIの採用、リアの8速化)
アルテグラ – Wikipedia

筆者が現在メインで使用しているロードバイクは、Shimanoという日本(世界?)最大手の日本が誇る自転車メーカーが昔はその最上位機種として出していた自転車の系列のものです。現在でこそ、そのアルテグラ(ULTEGRA )に代わり、デュラエースという系列にトップを奪われましたが、今でも十分走ってくれる良いパートナーです。まぁ筆者のはULTEGRAという名を冠する前のShimano600という種類なんですけどね。
ちなみにシマノは自転車だけではなく、釣り具も作っています。そちらの方はよく知りません。

さて、今回のネタは自転車のサドルを取り替えるというもの。タイヤとかはちょこちょこ替えたりもしますけど、サドルはあまり壊れないし、そんなに重要視してなかったので今まで替えたことはなかったので、今回が初めてです。
IMG_4199.jpg

サドル交換 | 自転車ロードバイク・クロスバイクでサイクリング
undefinedundefined…

こちらを参考にして頑張って取り替えよう!と思っていましたが、やってみたら思っていたよりはずいぶん簡単でした。

ここに見えているネジみたいなものを、六角レンチを使って外します。
この時、途中まで外すとカタカタしてきて途中でカチャリと外れるので、全部ネジを取らないで、すこしはまったままにしておきましょう。

IMG_4200.jpg
ネジが全部抜け切らずに綺麗に外すとこのように一セット取れます。これを新たなサドルにセットしたら出来上がりです。
簡単でしたね。とりあえず以上です。自転車ネタってあんまり書くことないですよね。